ブログ ユニフォーム全般

2017/04/29

こんにちは!近年プロ野球ユニフォームの着こなし(シルエット)に変化が起きていることが気になっている「草ユニウォッチャー」ファンゴです。

野球ユニフォームは規定では

①チームユニフォームは共通のデザインそして表記でなければいけない。

②キャップについても共通のでなければいけない。

③インナーシャツ及びストッキングについてもチーム共通のカラーでないといけない。

上記のようにチームユニフォームは統一のカラーオ及びデザインでなくてはいけない決まりです。ひと昔前のスタイルは前述の規定を基にパンツも含め全員同じスタイルのチームユニフォーム姿が多かったですが最近ではパンツについては各々好みのパンツスタイルであったり個性を取り入れるケースが増えてきました。

シャツについても数年前まではスリムスタイルが一般的とされていましたが昔のクラシックスタイルと呼ばれるゆったりしたフォルムのユニフォームを好む選手が増えてきました。

 

流行は時を巡ってまた流行る

ひと昔前のユニフォームスタイルと言えばスリムタイプのユニフォームが主流でした。

スリムなユニフォームはプレーする姿が躍動感がありシャープなイメージに映ります。このスタイルはプロ野球だけでなく草野球プレーヤーにも一般的に浸透したユニフォームスタイルですね。

 

高校野球や少年野球では現在でもほとんどがこのスタイルのユニフォームを採用しています。

無我夢中で白球を追いかける汗と涙の全力プレーをモットーとする高校野球にはこのスタイルがイメージにハマりとても似合っていますね。そして各チームのユニフォームはパンツも含め全て統一したユニフォームの着用しているケースが多いですね。部活となると規律も重視されると言う事なのでしょう。

 

ファッションの世界もブームは巡る

ファッションの世界でもちょっと前までは体のラインにピタッとフィットしたシャープなシルエットのスリムスタイルが全盛でした。

シュッとしてスマートな着こなしはとてもカッコが良いですね。最近ではスーツ売り場でも「スリムスタイル」のコーナーが設けられるぐらい浸透しています。このスタイルを着こなせる細マッチョの体型に憧れたものです💦

 

そして、2016年くらいからファッションのトレンドキーワードとして「ビッグシルエット」と言うキーワードを聞くようになってきました。

ビッグシルエットとは、全体的に大きなシルエットを描くスタイルのこと。ゆったりとした見た目で、あえて大きめのサイズを着たりすることで表現することもある。

ファッションは、毎年様々なトレンドが生まれます。時には新しく斬新で時には昔のスタイルを今風の着こなしとしてトレンドとなったりしています。振り返れば15年周期位で昔に流行ったファッションが着こなし方を現在風アレンジで蘇ったりしていますね。

 

野球ユニフォームにもブームの兆し大きめサイズのユニフォーム

最近の野球ユニフォームにも時代の流れに合わせ様々なスタイルを取り入れる動きがあります。まず目に映るのはパンツのスタイル。

ピタッとしたフォルムのショートパンツからダボッとしたストレートやフレアータイプを好んではく選手が増えてきました。(もちろんプレースタイルでショートをはき続ける選手も多いです)

イチロー選手は日本でプレーしている時代はロングスタイル。メージャーになってからはショート。いずれもスリムなスタイルです。

こちらはゆったりしたフォルムのフレアースタイルです。

 

お手本はメージャーリーガー

NBPの選手が新しいスタイルを導入する際のお手本はメジャーリーガーをお手本にしているようです。

この、ゆったりしたシルエットを好んで着用する選手は特にパワーヒッターの選手が多いと言われています。

パワーヒッターの選手はスイングスピードが速く豪快でプレーがダイナミックに映ります。そしてユニフォームのダボつき感がさらに選手のプレーを豪快に見せる要素があるようです。

袖やユニフォームのたるみ部分が体の動きに対しほんのちょっと遅れ、動きについていく時間差が生じ事でダイナミックな見えずらになるのでしょうか。

あと、このビッグシルエットのダボつき感はクラシックスタイルであり、メジャーリーグ創成期のスタイルとよく似ています。

パワーヒッターの多くは厳つく強面だったりしますが、クラシックスタイルを着こなす姿は、古き良き時代に敬意を払っているとも捉えられるしゴリゴリでムキムキの剛腕をアピールされるよりは悪いイメージは起きませんよね。

 

日本のビッグシルエットユニフォーム

日本が誇るパワーヒッターの中田選手や筒香選手が代表的です。パワーみなぎる強靭な肉体をビッグシルエットのユニフォームで包み着る事でHRを放った時の豪快なスイングがより映えるのでしょうね。

 

 

他にもクラシックスタイルのビッグシルエットを好んで着ている選手は多くいます。一挙手一投足、シャツの袖がなびく姿はこのユニフォームスタイルの特徴ですね。

 

ファンゴはビッグシルエットのオーダーメイドに対応しています‼

今回紹介しているクラシックスタイルやビッグシルエットは一概に同じではありません。ビッグシルエットはただサイズの大きいだけではなく選手各々が特に強調したい箇所をオリジナルで製作しているこだわりのフォルムでしょう。

ファンゴでは一着ごとのオーダーメイドであなたに合ったサイズでお作りします。例えば身頃はそんなにダボつかせずに袖の部分を緩いシルエットにする要望もお応えします。そして前述のクラシックスタイルの再現もお応えできます。さらには自分オリジナルのビッグシルエットなどこだわったシルエットユニフォームを全てお応えできます。

 

草野球でもチームオーダーの際に、チームを誇パワーヒッターの選手は是非ビッグシルエットのユニフォームで相手チームを威嚇させちゃいましょう。

そして、あえてクラシックスタイルが俺たちのトレンド!と言うこだわりのチームの方々にはメンバー全員がクラシックスタイルで決めて映画「フィールドオブドリーム」の再現よろしく、おしゃれに決めるのも素敵です。

 

密かに流行りつつある「ビッグシルエット」をいち早く取り入れてはいかがですか⁉