MLBのトレンド「シティコネクトユニフォーム」を徹底解説!

ブログ ユニフォーム全般

2022/11/19

メジャーのシティコネクトユニフォームってなんだ?ユニフォームに都市のイメージをデザインしてみよう

プロ野球のユニフォームと言えば、日本もメジャーリーグも一般的なのが、白を基調としてチームカラーをあしらった「ホーム用」と、チームカラーを基調として相手チームの球場で戦う「ビジター用」とに分かれています。

しかし最近では色々なイベントなどでホームとビジター以外のユニフォームを見る機会も多くなってきていますよね。それは日本だけではなくメジャーでも同じなんです。メジャーリーグでは2021年からシティコネクトユニフォームというものが広がってきているんです。

このシティコネクトユニフォームとは一体?

MLBのシティコネクトユニフォームとは?

シティコネクトユニフォームとは、2020年からMLBのユニフォームサプライヤーであるナイキ社と各都市の共同企画で作られたユニフォームです。

シティコネクトユニフォームが誕生したのは2021年シーズンから。

それぞれの本拠地となる都市のイメージをユニフォームデザインに落とし込んだものがシティコネクトユニフォームで、その都市を連想させるデザインになっているのが特徴です。

たとえばアストロズなら本拠地はヒューストン。航空宇宙産業が発展している都市であることから宇宙をイメージさせるデザインに。

ナジョナルズならワシントンDCを本拠地としており、ポトマック河畔の桜並木は世界有数の名所の1つであることからこの桜をイメージしたデザイン。

ロッキーズは、ご存じ雄大なロッキー山脈をデフォルメしてデザインしたユニフォームとなっています。

またシティコネクトユニフォームとは別に、ホームのユニフォームとしてオルタイネイトユニフォーム、と呼ばれるイベントやファンサービスなどで着用される特別なユニフォームも存在します。

シティコネクトユニフォームがある球団はメジャー13球団!

2022年11月現在、シティコネクトユニフォームがある球団はメジャーでは現在13球団あります。伝統を重んじる一部の評論家からは懐疑的な意見も出ているシティコネクトユニフォームですが、発売されたユニフォームはすぐに完売になったんだとか。

それだけMLBではユニフォームに関する注目度が高いとも言えそうですね。

シティコネクトユニフォームを採用している球団は

  • アリゾナ ダイヤモンドバックス
  • ボストン レッドソックス
  • シカゴ カブス
  • シカゴ ホワイトソックス
  • ロサンゼルス ドジャース
  • マイアミ マーリンズ
  • サンフランシスコ ジャイアンツ
  • ワシントン ナショナルズ
  • ヒューストン アストロズ
  • カンザスシティ ロイヤルズ
  • コロラド ロッキーズ
  • ロサンゼルス エンゼルス
  • サンディエゴ パドレス

以上の13球団。それぞれのシティコネクトユニフォームをチェックしてみましょう。

アリゾナ ダイヤモンドバックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arizona Diamondbacks(@dbacks)がシェアした投稿

クリーム色で伝統的でオーセンティックな印象のあるダイヤモンドバックスのシティコネクトユニフォームです。
「serpientes」は直訳すると蛇行。
ダイヤモンドバックスの名前の由来ともなっているダイヤガラガラヘビで文字をかたどっています。

ボストン レッドソックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Boston Red Sox(@redsox)がシェアした投稿

ビビッドなイエローにスカイブルーのロゴがとっても映えるシティコネクトユニフォームがこちら。レッドソックスというくらいなので、「赤」を基調とするのかと思いきやまさかのイエローですね。
伝統の殻を破って新たなデザインに挑戦したユニフォームとも言えるでしょう。
ちなみに袖の「617」の数字はボストンのエリアコードを表しています。日本でいう都道府県コードや市町村コードのようなものでしょうか。

シカゴ カブス

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

cubs(@cubs)がシェアした投稿

Wrigleyvilleと言う胸マークを付けるシカゴカブスのシティコネクトユニフォーム。リグレービルと読み、カブスの本拠地であるリグレーフィールドがある地区の名前です。
ネイビーにスカイブルーのコントラストが美しいデザインです。

シカゴ ホワイトソックス

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chicago White Sox(@whitesox)がシェアした投稿

シカゴにはカブスとホワイトソックス2つの球団があります。ホワイトソックスが胸に掲げる「SouthSide」はシカゴにある南側のチームを指す言葉です。
ブラックを基調としたキリッと引き締まったデザインとピンストライプが象徴的なデザインです。
ストライプ×ブラックのカラーパンツはめちゃめちゃCOOLです。

ロサンゼルス ドジャース

 

この投稿をInstagramで見る

 

Los Angeles Dodgers(@dodgers)がシェアした投稿

上下とドジャースブルーに染めたシティコネクトユニフォーム。ドジャースはビジターユニフォームがグレーとブルーのユニフォームですが、このドジャースブルーに染まったデザインはとっても親近感がわきますよね。
シティコネクトユニフォーム、という新しくスタートした企画でありながら、伝統を感じさせてくれるデザインです。

マイアミ マーリンズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miami Marlins(@marlins)がシェアした投稿

赤いユニフォームにストライプ。そしてスカイブルーのキャップ、ロゴというなかなか斬新な色使いのマイアミマーリンズのシティコネクトユニフォーム。
マイアミと言えば「マイアミブルー」という鮮やかなブルーがあり、そこにあやかってこのデザインとなったのでしょうか。
また赤にはマーリンズが「情熱」を表す色としてロゴにも使用されており、マイアミのブルーとチームカラーの赤を組み合わせたデザインになっているようです。

サンフランシスコ ジャイアンツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

San Francisco Giants(@sfgiants)がシェアした投稿

白を基調としたユニフォームに、オレンジで「G」の文字。非常にシンプルなデザインのサンフランシスコジャイアンツのシティコネクトユニフォーム。しかしそれだけではなく、左袖のデザインにもぜひ注目して欲しいんです。これはサンフランシスコにあるゴールデン・ゲート・ブリッジのシルエットがデザインされており、都市を象徴する建造物が描かれているんですね。

ワシントン ナショナルズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Washington Nationals(@nationals)がシェアした投稿

桜と言えばなんとなく日本の花、というイメージをお持ちの方も多いとは思いますが、実は世界有数の桜の名所であるワシントン。シティコネクトユニフォームにもこの「桜」が描かれています。チャコールグレーのユニフォームに淡いピンク色の桜をあしらったデザインはとってもオシャレです。

ヒューストン アストロズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Houston Astros(@astrosbaseball)がシェアした投稿

ご存じNASAのお膝元、ヒューストンに本拠地を構えるアストロズは、宇宙のイメージで、かつチームカラーの1つのネイビーを基調として、胸マークには「SPACE CITY」の文字。ところどころに使われているアストロズのチームカラーであるオレンジ色とイエローがものすごく映える色使いです。全体的にシンプルにまとめながらも、大人しすぎないかっこいいユニフォームです。

カンザスシティ ロイヤルズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kansas City Royals(@kcroyals)がシェアした投稿

カンザスシティロイヤルズのチームカラーはロイヤルブルーとライトブルー、ホワイトの3色が主なもの。ロイヤルブルーのユニフォームに、袖に使われる3色それぞれがマッチする美しさを感じるユニフォームデザインです。
全体がブルーで統一されているため、すっきりとまとまった印象のユニフォームに仕上がっています。

コロラド ロッキーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Colorado Rockies(@rockies)がシェアした投稿

コロラドにあるロッキー山脈に代表されるように大自然に囲まれた地であるコロラド州。そのコロラドを本拠地とするロッキーズはやはりロッキー山脈をイメージしたデザインのシティコネクトユニフォームです。

背中は空をイメージしたホワイトと山をイメージしたグリーンで大きく上下に分かれているデザインで、前後ともに印象が大きく変わるデザインでとってもオシャレですね。

ロサンゼルス エンゼルス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Los Angeles Angels(@angels)がシェアした投稿

ロサンゼルスに本拠地があるエンゼルスは2022年シーズンでも大谷翔平選手が投げる際に、このシティコネクトユニフォームを着用することを希望したという噂もあり、注目していた方も多いのではないでしょうか。エンゼルスのチームカラーである赤と、南カリフォルニアのビーチ、サーフをイメージしたクリーム色でデザインされています。胸マークの下に入っているラインは「サーフボード」と「波」を表しているんだそうですよ。

サンディエゴ パドレス

 

この投稿をInstagramで見る

 

San Diego Padres(@padres)がシェアした投稿

グレーの地にイエローとブラックの力強いイメージのユニフォームが特徴的なサンディエゴパドレス。このパドレスのシティコネクトユニフォームはそんなイメージとは真逆にキュートでポップなカラーのデザインです。
実はサンディエゴはアメリカでは大人気のリゾート地で、美しいビーチ、住みやすい気候などをイメージされたデザインなのでしょうか。陽気な西海岸を連想させてくれますよね。

ファンゴがランダムに都市をピックアップしてデザインを作ってみたらこうなった!

シティコネクトユニフォームはMLBのものだけじゃない!

ということで、ファンゴがランダムに都市をピックアップして、そのイメージからデザインを作ってみました。
いろいろなところからデザインの元って出てくるので、あなたの町のことを調べてみてもいいかもしれませんね。

例えば市の花や都道府県の鳥、各地の名産品などがデザインとの親和性が高くておすすめですよ。ランダムにピックアップした場所はこの3カ所!

ファンゴ的シティコネクトユニフォーム:神奈川県横浜市

皆さんご存じ神奈川県横浜市。真っ先に思い浮かぶのが赤レンガ倉庫や横浜ベイブリッジ。美しい景色を全体に散りばめてデザインしてみました。アーバンな雰囲気を醸し出すおしゃれなユニフォームに仕上がっています。

ファンゴ的シティコネクトユニフォーム:岐阜県関市

岐阜県関市は日本の中心にあり、昔は刀鍛冶の町として栄えた場所。そんな岐阜県関市をイメージして、刀をモチーフにしてシャープで鋭いデザインのユニフォームとしました。

ファンゴ的シティコネクトユニフォーム:大阪府貝塚市

大阪府貝塚市は大阪湾に面した場所。市の花はコスモス。明るく親しみやすいイメージの花で、カラーもピンクや白、紅などの柔らかい印象のイメージですよね。その色合いの優しさやかれんさをイメージしてデザインしてみました。

あなたのシティはどこだ?その都市をイメージしたシティコネクトユニフォームはいかが?

シティコネクトユニフォームを紹介してみました。

なんとなくチームが連想できるデザインのものもあれば、なかなかイメージと結びつかないようなデザインのユニフォームまでたくさんあったのではないでしょうか。

ファンゴがMLBシティコネクトユニフォームデザインをオマージュするとこうなった

それはそうと「シティコネクト」なので何もメジャーリーグだけのものじゃないんですよね。例えばあなたの住む都市、チームがある町。それぞれの都市をデザインに落とし込んでユニフォームデザインをしてみてはいかがでしょうか。

ファンゴはどんなユニフォームデザインでも対応可能ですので、ぜひご相談くださいね。

ご注文・お問い合わせ

お問い合わせ 

お問合せはLINEで行っております。

QRコードまたはID検索からお友達追加をしてください。
お気軽にメッセージお待ちしております。

※LINEがない方はメールでも受付けております。info@fungo.jp

あわせて読む 

アースカラーデザイン 野球キャップ 野球ユニフォーム
ダルビッシュ有所属!パドレスの茶系ユニフォームのデザインがかっこいい!【アースカラー】

こんにちは、ファンゴ編集部です! ファンゴユニフォームでは、流行のデザインも取り入れますが定番デザインの良さにも注目しています。 と感じるユニフォームはできれば作りたくありません。 自分のセンスを信じ …

続きを見る


野球用デザインパンツ
【野球用デザインパンツ】チームの個性際立つ!色パンツ/ 柄パンツオーダー

野球のキャップやシャツに関してはオーダーデザインでかなり悩んだ経験のあるチームも多いですよね。やっぱりキャップとシャツはユニフォームの顔とも言える部分なので、真剣に悩む気持ちも分かります。でもその裏で …

続きを見る

商品ラインアップ

Copyright© 野球ユニフォーム オーダー Fungo , 2022 AllRights Reserved.