ブログ ユニフォーム全般

2017/03/21

こんにちは、ファンゴです。第4回ワールド・ベースボール・クラシック ・プエルトリコ0-8・アメリカ代表優勝~‼ おめでとうございます!

準優勝のプエルトルコ代表も今回のWBC大会では台風の目となり大躍進の活躍でした!野球をそして今回の代表メンバーで集まれたことを楽しんでいる様子がとても好感が持てました!

そして前日の準決勝では日本代表は優勝したアメリカ代表に惜しくも敗退。

試合会場はアメリカ・ロサンジェルスのドジャースタジアムで行われ、試合に先立って始球式には大リーグドジャースで活躍した野茂英雄さんが登場し決戦へのボルテージが一気に上がり、試合内容は息をのむ投手戦となり菊池選手の不運なプレーがありそれを取り返す同選手の6回同点ソロ弾はまさしくドラマティックな展開でした。結果は残念ながら敗退でしたが出場した各選手にはここまで日本中を沸かしてくれて、そして感動をありがとうと伝えたいです。帰国した選手たちは所属チームに戻りきっと今回のWBCでの戦いで養った経験を2017年のペナントレースで素晴らしい野球を見せてくれる事と思います!

いや~、WBC開催中は侍ジャパンの大躍進で連日試合放映のテレビにかじりつき、時には帰宅が放映に間に合わない時はここぞとばかりに酒場へ駆け込み店内放映を観戦しながら酒場のお客たちと大盛り上がりで侍ジャパンの活躍を応援していました!

お酒も回り選手の一挙一動に「おぉ~!」と歓声が上がりお店の皆がグラスを片手に侍Jの活躍に酔いしれて

そして時には緊迫した状況に心でこう願うのでした・・・・・

ハイボールを片手に野球観戦!そして国中を挙げて野球への関心感、WBC最高でした!また、4年後はどんなドラマが待っているのか楽しみです!

なお、今回のWBCの試合を見ていて「草ユニウォッチャー」のファンゴには一点、気付いた事がありました。それは日本代表ユニフォーム以外の各国代表ユニフォームにはある共通点があったのでした。

WBCの代表ユニフォームに注目してみる

私、ファンゴは試合のスター選手たちのプレーに魅了されるのはもちろんですが「草ユニウォッチャー」として、どうしてもユニフォームに目が行ってしまうんですよね!

第1ラウンドから通して日本対戦の各国チームのユニフォームはカラフルで新鮮なデザインばかりです。

興味深く観察しているとデザインの色使いには各々の国旗カラーナショナルカラーが取り入れていて、意味が込められています。その意味を知っていくとまた観戦の楽しみが増えていきますよ。

 

第1ラウンドプールB 日本対戦国のユニフォーム

第一ラウンド日本代表全勝通過!対戦国チーム善戦してハラハラドキドキのシーソゲームの連続でした。対戦国3チームのユニフォームを解析してみましょう!

潜在能力は脅威 中国代表ユニフォーム

袖部分を中国の国旗カラー「赤」で切り返し、袖縁のラインと正面中心のラケットラインには、やはり国旗に使われている「黄色」を使っています。

国旗の赤は「五星紅旗」(ごせいこうき)と呼ばれ赤色は革命、黄色は光明を表しています。

マーキングのロゴはオールドイングリッシュ書体で表現されていて、スタイリッシュに仕上がっていますね!

 

カンガルー級の身体能力 オーストラリア代表ユニフォーム

グレーカラーが基調のcoolなデザイン。袖はナショナルカラーのグリーンそして胸マーキングの縁とキャップのツバはもう1色のナショナルカラーの黄色でコーディネートされています。とてもシックなデザインですね。

ナショナルカラーの由来は、国の花「ゴールデンワトル」のイメージからだそうです。

 

野球の英才教育 強豪 キューバ代表ユニフォーム

国旗カラーを基調にしています。袖部分は国旗カラーの赤そして胸マーキングはブルーです。赤・青・そして白。この3カラーが大胆にデザインされています。

国旗カラーの赤は独立の為に流された血と正義と力。

青の線は独立時の3州。白は独立の精神。とても勇敢な意味の配色なんですね。

グループA アジアの強豪 【チャイニーズ・タイペイ代表ユニフォーム】

台湾の国旗カラーの意味は青・赤・白の3色です。カラーの由来は孫文の唱えた三民主義(民族の独立、民権の伸長、民生の安定)で、青は民権主義の正義、赤は民族主義の自由と独立、白は民生主義の友愛を象徴。

今回のユニフォームは上記のカラーを取り入れ、胸マークはチャイニーズの「C」タイペイの「T」2つのアルファベットをデザインした片胸マークになっていますね。他の代表国胸マークがセンターにマーキングデザインが多い中、特徴的でした。

グループC 同じカリブ海に類似名の国がある 【ドミニカ共和国代表ユニフォーム】

知っていました?隣接している同じカリブ海に【ドミニカ】という国があるんですね。類似してしまうのでこちらは【ドミニカ共和国】表記しています。

国旗カラーの青は平和。赤は独立のために流された尊い血。白は自由。十字はキリスト教への信仰心を表わしています。

赤と青の原色をポップに表現していますね。

尚、このドミニカのユニフォームと今回決勝に進出したプエルトリコのユニフォームがとても似ていました。配色が同じで当然胸マークは自国表記で違うのですが配色違いはキャップのツバ部分位でもしお互いホームのユニフォームで対戦していたら見分けがつきにくいくらい似ていましたね

【プエルトリコ】

グループC 大自然と神秘現象がもたらすダイナミックプレー 【カナダ代表ユニフォーム】

ビジターユニフォームです。グレー基調でシックな仕上がりですね。

メープルリーフが特徴の国旗です。赤は第一次世界大戦で流した血を表しています。

今回は袖の切り返し部分に赤が使用されグレーと赤のコントラストがシックです。

グループC コーヒーが活力!【コロンビア代表ユニフォーム】

ポップでかっこいいユニフォームです!この組み合わせファンゴお気に入りなんです。

コロンビア 黄色は富かな資源。青色は美しい空と海。赤色は革命のために流された尊い血の犠牲を象徴。

豊かな自然とかつての資源そして尊い犠牲の血としてとても意味深い配色をポップにオシャレにデザインされています。黄色のアンダーシャツの使い方がcoolですね!

グループD サッカー以外にもメキメキし実力を付けてきた【イタリア代表ユニフォーム】

野球後進エリアであるヨーロッパでも近年は欧州の強豪オランダを筆頭に少しずつ野球熱がきています。イタリアもオランダに次いで野球熱繁栄のカギを握っています。

ユニフォームデザインのカラーは国旗やナショナルカラーを用いるのが一般的ですが、実は絶対という規定ではないんです。イタリアはサッカーでも青のユニフォームが有名です。野球のユニフォームも青を基調にしたデザインです。青を採用している理由は諸説ありますがイタリアの国土を囲む地中海やアドリア海そしてその上に広がる空の青を象徴しているようです。

グループD 陽気なメヒコ 【メキシコ代表ユニフォーム】

緑は国民の希望。白は宗教的な純粋さ。赤は国に殉じた愛国者の血。とても厳粛な意味合いが込められた配色です。

でもユニフォームデザインにその配色をしてみると、とてもポップなカラーデザインになっています。カッコいいですね。

グループD 南アフリカの気候はスポーツに適している 【ベネズエラ代表ユニフォーム】

ベネズエラのチームカラーはバーガンディ(ワインレッド)、これは国旗の3色(赤・青・黄色)を混ぜるとこの色になるんです!

楽天イーグルスを思わせるワインレッドカラーですね!脇部分の黄色の切り返しがポイントカラーでかっこいいですね。

 

【2次ラウンド】第4回WBC 台風の目 イスラエル代表ユニフォーム

ビジターユニフォームはグレーが基調でシックです。切り返しの配色がブルーなのでオーストリアユニフォームよりもより寒色系のcoolなデザインです。

国旗のブルーはユダヤ教の高僧が着用する肩掛け。白は清浄な心。

とても神聖なカラーデザインです。

 

【2次ラウンド】 アーティスティックな秘技 オランダ代表ユニフォーム

ナショナルカラーのオレンジをポイント色で使い、王室の王冠マークを含む胸マークと袖のブラックカラーの切り返しがセンスを感じるデザインです。

ナショナルカラーのオレンジは建国の父とされるオラニエ公の名前が英語の発音でオレンジでありそこからの由来らしい。

第4回WBC 優勝チーム! 【アメリカ代表ユニフォーム】

冒頭で書いたように2017年WBCを制した世界一のチームです。メジャーリーグが主戦場であるアメリカは念願の名実ともに世界一の称号を手に入れましたね。

真ん中の文字を変化させ特徴的なマーキング文字になっています。優勝にあやかってイラストを我がファンゴの「FNG」で作ってみました!チーム名に目が行くようにロゴマークのデザインの見せ所が発揮されたポップでかっこいい仕上がりですね!

 

あ、あれっ⁉皆さん、今までの対戦国代表ユニフォームには共通点があるのにお気付きになりました?

対戦代表チームのユニフォームの共通点を発見‼

自称「草ユニウォッチャー」は見つけたっ

今回、紹介している海外代表チームのユニフォームをよ~く観察していると1点シャツのデザイン(仕様)に共通点がある事に気が付きました。それは袖の部分です!

身頃袖のカラー切り返しになっている」この答えはもしかしたらビジュアルのぱっと見で気付かれた方はいるかと思います。もっと踏み込んで解析すると袖の形状(作り方)まで共通しているのです。

 

袖の作りの共通点

見つけた共通の袖はシャツ・スリーブと言うタイプです。

袖山が低い位置にあり、平置きしたときに袖が身頃に対して垂直に近い形で伸びている仕様です。腕を動かしやすいのでスポーツウェアなどに使用されています。

このように他チームが全て共通な点に気付いた時にもしかしてWBCのユニフォームルールなのかな?と思ったくらいでした。

なぜここまで共通なのだろうか?更に形状の仕様もシャツ・スリーブで共通・・・たまたまなのか?何かしらの意図があったのだろうか?そして、全て染め糸からの織生地マーキングは刺繍でした。ここの点はベースボール発足時からの王道の仕様です。

この、共通の疑問に対しどんなに調べても納得する答えは残念ながら見つかっていません。まるで同じところでシャッフルデザインして手配したのでは?と思ってしまうほどの疑問なのでした。

ここまで書いてて誠に恐縮なのですが現時点ここでその合点が見つからないのでいずれ後のブログでこの件は解決します。

但し、参加国16代表チームが全て上記のような仕様なのかというと違うのです。もともと日本代表ユニフォームと見比べていて気付いたことなので日本代表ユニフォームは今までの共通点には当てはまらないんです。

 

日本代表のユニフォームを見てみる

違うんです‼日本代表のユニフォームだけ違うんです。

【WBC2017 侍ジャパンのユニフォームを解説】

 

こちらのタイプはタテジマのデザインを活かす為もあり袖の作りもラグラン・スリーブと言う仕様になっています。

袖の付け根が襟から袖下にかけて斜めになっており、肩とつながっている袖の仕様。肩や腕が動かしやすい為、こちらもスポーツそしてトレーニングウェアに使用されています。

 

 

 

実は、もう1チーム共通方程式に当てはまらない仕様のチームがありました。

少し、対戦グループの時系列を戻して・・・

グループA 日本の永遠のライバル 【韓国代表ユニフォーム】

白地に円のデザインは太極表すと呼ばれ、宇宙観や創造性を表しています。

赤は陽、青は陰を表しています。

日本以外に唯一昇華プリントを部位に採用しているユニフォームです。今回のユニフォームの特徴は脇部分の切り返し部分が青から赤かけてグラデーションでデザインされているのが注目です。

でも、袖の仕様はシャツ・スリーブでこれまた共通点でしたね。

このようにユニフォームチェックをしていたら気付いた点、そしてそこが気になってしょうがなかったコラムでした。

 

【追記】

後日の調べで理由がわかりました!

マジェスティックと言う新勢力を発見

凄いスケールのユニフォーム会社が日本プロ野球ユニフォームの最大勢力となった‼

 

他のブログ記事もチェック