ブログ ユニフォーム全般

2016/12/17

草野球プレイヤーの皆さん、こんにちは。

オーダーメイド野球ユニフォーム専門店「ファンゴ」です。

今回の記事では、プロ野球から草野球まで最近流行りの“昇華プリントタイプ”のユニフォームについてまとめてみます。

軽くて、デザイン自由で、かっこいい。

そんなユニフォーム作りには昇華タイプが最適!

ではさっそく、昇華ユニフォームについて色々と見てみましょう。

派手でカッコイイ“昇華プリント”オーダーメイド野球ユニフォーム

草野球の対戦相手や大会で他チームを見るときに、まずユニフォームに注目しますよね。

「飾りがなくてシンプルだけど強そうに見えるぞ」とか「デザインが珍しくて目立つな」とか「センスがあってカッコいいな」なんて相手チームのユニフォーム姿の立ち振る舞いで圧倒されたり、目立って羨ましいなど思ったり。

時には「地味で練習着みたいだな」とか「デザインが奇抜過ぎてるね」とか「派手だけどなんか配色がダサくない?」なんて勝手に他チームのユニフォームを批評したり。。。

そうです!あなたのチームも周りのチームにそのようにユニフォームの採点をされているんですよ!

今回せっかくユニフォームを作るのですから、絶対羨ましがられるようなカッコよくてグラウンドの注目の的になれるようなユニフォームを作りましょうよ!

ユニフォームのデザイン 2つの方向性

ユニフォームのデザイン表現は大きく2つに分かれます。

① トラディショナル・スタイル

このスタイルはMLBやNPBのホームユニホームのような飾りがなく刺繍のチームロゴが際立つシンプルな仕様です。

→刺繍タイプのユニフォームについての記事はこちら

② 昇華プリントユニフォーム

シャツ全体に柄やグラデーションなどのデザインを入れることが可能です。

最近ではNPBの公式ユニフォームでも全体に柄が入っているものやグラデーションデザインがどんどん採用されてきています。

代表的なのが横浜De-Naベイスターズ千葉ロッテマリーンズのビジターユニフォームがそれに該当しています。このようなデザインは全て昇華プリントのユニフォームです。

昇華プリントユニフォームが出来るまで

この昇華プリントは<昇華転写>とも呼ばれ一旦、紙にプリントしたものを

高温圧着して生地にプリントインクを染み込ませる特殊なプリント方法です。

刺繍のマーキングは生地の上にマーキングを重ねるので立体感は出ますがその分厚みが生じます。しかしこの昇華プリントはプリントインクを生地に染み込ませるので生地の厚みが一切変わらず軽量である事が特徴です。

そして、何よりも注目すべきはシャツの裁断裁断パターンや範囲などの条件に縛られず自由自在にデザインのプリントが可能な点です。

この昇華プリントが普及してきたことで、ユニフォームのデザインが一気に華やかになってきました。

プロ野球でもイベント限定ユニフォームとして通常のユニフォームとは違い、シャツ全体にデザインされた派手で華やかなユニフォームがどんどん採用されています。

公式戦期間中に普段目にしているユニフォームとは違い、華やかなユニフォーム姿で行われる真剣なプレーを観戦するのはとても新鮮です。

草野球のユニフォームデザインはお気に入りのプロ野球チームを参考にしたり、例年下位だったチームが活躍して優勝争いをした際などは一気に人気が出てその活躍したチームユニフォームが流行ったりします。

また、他チームのユニフォームとは差別化して自分達らしいユニフォームを着たいという要望も増えています。

昇華プリントであれば<派手で><華やかで><クールである>そんなデザインを対応できます。

昇華プリントユニフォーム デザイン表現のメリット

では昇華タイプのデザイン上のメリットをまとめます。

 

① ユニフォーム全体に柄を入れられる

デザインの範囲に規制がなく全体的に柄を入れることができます。極端に言うとシャツにはみ出るデザインができるという事です。

② 色数を気にしないでデザインできる

昇華プリントに色数の制限はありません。データ上の色をそのまま表現することができます。

③ グラデーションの柄が表現できる

デザインのカラーはYMCKのAIデータ通り表現ができるのでカラフルデザインやグラデーションも可能です。

ここまでデザインの規制がなく自由度が広いと言う事は私服で皆さんが着ているお気に入りのTシャツやアウターシャツと同じようなデザインの表現ができるわけです。

う~ん面白くなってきました!FUNGOの創作意欲が湧いてきましたよ!

ここまでデザイン範囲の制限がなく自由自在にできるのであれば思い切ってこんなデザインはどうでしょうか。

コンセプトはコカコーラのぐるっと一周ロゴです。全面に巻き付くようなこの迫力感が個人的に好みなんですよね。

この世界観をFUNGO的にユニフォームにしてみるとこんな感じです!

自分のチームロゴがモードデザインになるなんて奇抜な発想ですが「あり」ですよね!

フロントから背面にかけて巻き込んでいるチームロゴが迫力ありますよね。仲間二人で後ろ前のポーズでチーム名を相手チームに読ませなんてパフォーマンスをしたら「面白い!」と羨ましがられ注目度抜群ですよね!

また、好きなプロ野球チーム風にしたいけど他のチームと被りたくないと言うチームには、デザインのベースは好きな球団風なんだけどグラデーションを取り入れることによって、よそにはないないユニフォームに仕上がります。

昇華プリントだからこそのスタイルバリエーション

FUNGOでは昇華プリントのメリットを活かした、いろいろなスタイルをご提案します。

① バーニングスタイル

このシャツを着てプレーに燃えないわけはありません!グラウンドに燃え上がる威圧感!

相手チームを圧倒させる存在感のスタイルです。

② イナズマスタイル

インパクト抜群の「イナズマ」デザインです。「走る!」「輝く!」「激しい!」シビレルるようなパンチの利いた注目度抜群のスタイルです。

③ カモフラージュスタイル

人気の迷彩シリーズです。由来は敵の目を欺く為に生まれた柄です。敵チームの目を欺いた秘密兵器プレーが生まれるかもしれません?人気でおしゃれな迷彩デザインは、試合後パンツをジーンズに履き替えシャツをそのまま羽織るストリートスタイルの2wayな着こなしもお勧めです。

④ グラデーションスタイル

個性的なアシンメトリーグラデーションスタイルの登場です。

人気のファイターズスタイルを更に+αのグラデーションでグランドでの注目度はNo1です!

⑤ シンプルボーダースタイル

都会的なスマートボーダースタイルです。シンプル&シャープなスタイルでスマートなプレースタイルを感じさせます。一見、ありそうで実は類を見ないデザインはこだわりのスマートデザインです。

⑥ バックロゴスタイル

チーム名が背景デザインになるなんて!大胆な発想と類を見ないおしゃれ感!胸には共通のチームマークを施します。試合後、パンツをジーンズに履き替えシャツをそのまま羽織るストリートスタイルの2wayな着こなしもお勧めです。

sho-01

その他にチームの方々がデザイナーになった気分で自由自在にデザインをしたいなんて依頼も対応いたします。その際にはFUNGOのデザイナーが親切丁寧に対応していきます。

試合後はメンバーと打ち上げの食事に移動する時にはパンツをジーンズに履き替えシャツを裾から出して着る′着回しかたを提案します。

あと、大切な事!

せっかくデザインをこだわって作るユニフォームなんですから、いつまでも長くそして快適に着たいですよね。洋服を選ぶときには、季節の温度変化に合わせ服の生地の厚さや通気性や保温性など機能が違う生地の服を選んで一年中快適な洋服を着ていますよね。

草野球のユニフォームであっても着心地が良く動きやすいユニフォームを着てこそ一年を通し大好きな野球のパフォーマンスも上がります。

ユニフォームはカッコいいだけではいけません。快適な着心地、そしてデザインとの相性が相まってこそ良いユニフォームと言えます。満足いくユニフォームを作るには、生地の特性をよく知ってデザインと合わせ作るべきです。その為にも生地の特性と機能を知って頂き自分たちに合ったユニフォームの生地を選んで頂きたいです。

生地については、ブログ記事:オーダーメイドユニフォームの生地についてをご参考にして下さい。さぁ、目立ってカッコイイユニフォームを着てグラウンドの注目の的になりましょう!