ブログ ユニフォーム全般

2016/12/17

野球プレイヤーの皆さん、こんにちは。オーダーメイドユニフォーム専門店「ファンゴ」です。

メジャーリーグやプロ野球、草野球チーム、少年野球チームの大半が採用しているスタイルと言えば、シンプルでチームマークがポイントの刺繍加工されています。この刺繍の仕様は野球ユニフォームの王道・定番と言えるでしょう。

シンプルで飽きがこないスタンダードな野球ユニフォーム“刺繍ユニフォーム”。その特徴やデザインバリエーションについて見てみましょう!

「THE BASEBALL」 昔ながらの伝統スタイル

シンプルなユニフォームのスタイルはメジャーリーグ創設時から今も変わらない神聖な伝統のスタイルです。

 

日本プロ野球界のミスター「長嶋さん」が選手時代にこのシンプルスタイルのユニフォーム姿で華麗なパフォーマンスで野球ブームを牽引し日本中を沸かしました。

 

そして、野球を題材にした娯楽映画などでも度々登場するユニフォームも王道のシンプルスタイスが多いですね!

今も変わらぬ王道のシンプルスタイル

シンプルスタイルのユニフォームは今のプロ野球ユニフォームとして現在でも変わらず継承されています。

やはり、野球ユニフォームとして真っ先に浮かぶのはシンプルな柄の無いシャツの正面にマーキングされたチーム名そして背面に背番号が刺繡されたシンプルにまとめられた武骨なスタイルでありながら刺繍加工による高級感が漂うスタイルです。

時代に合わせスリムタイプであったりパンツの形状にバリエーションは増えたりしていますが基本的なデザインコンセプトやチームマークが刺繡加工されている点は現在でも変わっていません。

この継承し続ける伝統のスタイルはまさにユニフォームの王道ですね。

 

定番のトラディショナル・スタイル 「刺繍タイプ」

伝統スタイルのシンプルユニフォームは胸に付けるチームマークが顔となります。付ける位置・ロゴデザインでユニフォームの顔が決まります。

MLBやNPBなどのホームのユニフォームはほとんどこのスタイルです。

このスタイルの特徴はシンプルだからこそチームロゴが際立ち伝統と風格を感じさせるスタイルです。

決め手は何といってもフロントのチームロゴと背面の背番号が刺繍ならではの立体感と高級感です。飾りのないシンプルなシャツに刺繍ロゴが映えるデザインは野球史の中でも王道のデザインです。

高級感漂うチームロゴ 

私たちFANGOの工場は刺繍から始まりました。だからこそ刺繍にはこだわりが強く一切外部へ委託することなく全て自社工場にて、心を込めて製作しています。熟練職人の手によりハイグレードな刺繍製品を提供しております。チームマークはきめ細かく針数の密度が多くまた縁取りを別糸で刺繍する贅沢なダブル刺繍です。高級感溢れるチームマークでユニフォームはグレードUP!

帽子の刺繍は立体感抜群の3Dタイプ。マークが盛り上がり立体的な刺繍加工で豪華に仕上がります。

フォント×カラーを自由自在に組み替え、自分たちだけのオリジナルマークデザインが作れます。

デザインの選び方

多分、今こちらを読んで頂いている時点で既にチーム名は決まっている方々が多いと思います。

そして、そろそろデザインを決めて行く段階になって、ではどんな選び方をすれば良いのか?何を参考にすれば良いのか?チームの意見がまとまらず悩んでしまいがちだったりしませんか?

それならば、まずは下記の参考の資料を見てもらえればきっと「これだ!」と自分たちが着たいユニフォームに辿り着くと思います。

① カラーで選ぶ

チーム名が決まった時点で大まかなチームイメージって触れられていたりしませんか?

例えばチーム名を「ファイヤー(炎)」と付けたチームは「やっぱり炎のように真っ赤に燃えるの=赤系だよな!」と言う感じになんとなくカラーイメージってあったりしませんか?

FUNGOのカラーチャートからそれが見つかるかもしれません。

② MLBやNPBを参考にする

MLBやNPBなどホームのユニフォームはほとんどが刺繍のトラディショナル・スタイルです。

ユニフォームのデザインを決めるときにはチームメイト達と好きなプロ球団のユニフォームを参考にした会話をきっとするケースが多いですよね。

FUNGOではそんな要望にお応えするデザインリストを用意しております。

↓NPB風オーダーメイドユニフォーム

↓MLB風オーダーメイドユニフォーム

FUNGOの刺繍ユニフォームはシンプルなデザインから華やかで個性的なデザインまで50種類位のデザインを規格しています。

先述のカーラーソートやMLBやNPBスタイルも全て網羅するデザイン数なので必ずこの中からお気に入りのデザイン画見つかるはずです。

③ FUNGOプロパースタイルから選ぶ

FUNGOの刺繍ユニフォームはトラディショナル・スタイル4スタイルを展開しています。

シンプルタイプ

 

シャツ自体に切り返しなどの装飾がなくシンプルなボディーだからこそ胸マークにこだわってほしいです。

胸マークが映えて、いつまでも飽きのこないシンプルなタイプです。軽量感を感じさせる2ボタンがお勧めのスタイル。

ラグランタイプ

身頃とラグラン袖のカラーを切り返したスタンダードスタイルです。

MLBやNLBチームの伝統デザインに多く採用されているデザインです。伝統スピリットを胸に無骨で力強い仕上がりになっています。

切替タイプ

正面から見ればシンプルに見えるデザインですが着てる人の動作で切替のコントラストが現れるスタイルです。切り返しがある事でシンプルながら華やかで静と動の2面性を表現するデザインになっています。

切替えパターンは多数あり、この画像の脇にかけて以外に肩部分など切り返す場所によって様々な表情が変わります

更に切り返す箇所ごとに生地の種類を変える事も可能です。ちなみに身頃生地に対して脇部分を切り返す生地をメッシュ生地にする事でより通気性をよくすることも可能です。

マルチタイプ

身頃そして袖の切替がマルチスタイルになっています。配色のパターンを変える事で何十通りの表情が生まれます。対象色で配色すれば見事なマルチのデザインとなり同系色で配色する事でカラーグラデーションのスマートなスタイルのデザインとなりますね。刺繍スタイルで個性を重視したいチームにはおすすめです。

ファイターズのようなアシンメトリータイプもあり切替パターンの種類も多く、唯一無二の個性を見つけて下さい!

わがまま俺ユニフォーム

そして、オーダーメイドの集大成【わがまま俺ユニフォーム】

FUNGOのデザイナーがあなたのチームの目線に立ってデザインを一から一緒に考えます。

FUNGOプロパーデザインに対して更に追加のアレンジを加えたり、またお客様からの持ち込みデザインも大歓迎です。世界に一つ、俺たちだけのこだわりユニフォームを一緒に作りましょう。

→自由に作れる!「わがまま俺ユニフォーム」はこちらからお問い合わせください

どうですか?デザインの方向性は見つかってきましたか?

デザインのわかる範囲の要望を3項目ほど記載して頂ければFUNGOがイメージデザインを作成してプレゼントさせて頂きます。記載する内容は簡単なので「俺たちが求めるユニフォームってこんなデザインなのかな?」と確認するのには持って来いですよ!

最後に私たちファンゴが、お伝えしたいこと。

それはユニフォーム生地についてです。

せっかく作るオリジナルユニフォームですから、いつまでも長く快適に着たいですよね。

ユニフォームの生地選びは、洋服と同じです。

洋服は、季節の温度変化に合わせ服の生地の厚さや通気性、保温性など、機能が違う生地を選べば、一年中快適に着ていられますよね。

草野球のユニフォームであっても、動きやすさや着心地の良いユニフォームを選べば、一年を通し大好きな野球を思いっきり楽しむことができます。

ユニフォームはカッコいいだけではなく、デザインと快適な着心地との相性がピタリと一致してこそ、ベストなユニフォームといえます。

生地については、ブログ記事:ユニフォーム生地についてで詳しく書いていますので、ぜひそちらも併せてご一読いただけると幸いです!

安心のコミコミワンプライス!国内最安!

ファンゴの価格設定では、他社さんのようにあれこれのオーダーに対してオプションとしてコストが加算されることはありません。

FUNGOではオプションコストを意識しながら、不安のままにデザイン決定を進めさせることはいたしません。

「胸マーク、背番号、背ネームイニシャル、袖刺繍、キャップマーク」

FUNGOではその全てが標準セットされてオールインワンプライス表示です!

チームのメンバーと一緒に、最大限にこだわったオーダーメイドユニフォーム作りをお楽しみください!

刺繍ユニフォームはデザインがバシッと決まると、本当に高級感抜群でクールでカッコイイユニフォームに仕上がります!

長く快適に着れる、かっこいいオーダーメイドユニフォームを是非FUNGOと一緒に作りましょう~!