ブログ ユニフォーム全般

2017/01/29

こんにちは「草ユニウォッチャー」のfungoです。

これから野球ユニフォームの製作をお考えのチーム方、新しいユニフォームは気持ちのテンションも上がりますしとても楽しみですね!何せ試合で着るユニフォームですから対戦相手にも見られますし「負けられねぇ」と気合も入り意識せずにはいられません。カッコいいデザインのユニフォームをビシッと着こなしてグランドでファインプレーを決めましょう!

 

草野球のユニフォームはプロ野球を参考にしているチームが多い!

草野球をされている方々のほとんどは少年時代からプロ野球チーム憧れていた事と思います。大人になって草野球チームを結成した今も少年時代からのプロ野球チーム愛は変わらずだと思います。新しく自分たちのチームユニフォームを作るときに「どんなユニフォームにするの?」「何を参考にして決めていけば良いのだろう?」ユニフォーム製作のfungoにデザインのお問い合わせを頂く内容の中で圧倒的に多いのはプロ野球チームを参考にしたデザイン依頼なんです。

 

 

 

 

パ・リーグ6球団のユニフォームを参考にしよう!

 

好きな球団のユニフォームを着ると気持ちが上がりプレーにもきっと熱が入る事でしょう!そして応援しているチームと同じユニフォームで試合をするのですから負けるわけにはいきません!好きなプロ野球チームと同じユニフォームにするのであれば思入れもまた人一倍となるでしょう!

でも、仲間と作ったチームの名前は好きな球団と同じわけではありません。自分たちのチーム名に変えたらどんな感じになるのだろう?そのイメージを見て欲しいのが今回の記事の目的です!プロ野球ユニフォームと共にオリジナルデザインのシュミレーションをは紹介していきます。チーム名を「fungo」で雰囲気を見て頂きたいと思います。このシュミレーションで自分たちのチーム名にした時にどんな仕上がりになるのかイメージを掴んで頂くきっかけになれば嬉しいです。

パ・リーグ6球団でシュミレーション

パ・リーグのみ?とセ・リーグファンの方々怒らないで下さい💦私のこだわりでそれぞれのリーグで切磋琢磨しているセ・パを一括りで書くのは忍びないと思い丁寧に書きたくセ・リーグと今回のパ・リーグを分けて記事にしています。セ・リーグ6球団風のシュミレーションは<セ・リーグ>です。

 

オリックス・バッファローズ

1936年、阪急として創設。

タイガースと並ぶ大阪に愛されている球団ですね。

タイガースの縦縞ユニフォームとは対照的な飾りデザインがなくフロントのラケットラインでベースボールシャツの王道を感じさせますね。チームロゴは竹の節のような特徴的なフォントで「Buffaloes」が胸マークとして映えています。

シンプルながらベストマッチなユニフォームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【fungoアレンジ】

 

 

 

 

 

 

 

 

飾りのないシンプルなシャツに真ん中に渡るラケットラインが冴えわたっています!ラケットラインを付けると正にベースボールシャツ感が出ますよね。そしてフロントには特徴的なバッファローズマーク風の書体でチームロゴを入れました。シンプルなユニフォームは自信に満ち溢れたプライドを感じさせる雰囲気がありますね。袖と胸マークは刺繡マーキングで高級感抜群です。

また、私の年代的にはイチローさんが所属していた時代のユニフォームが印象的だったりします。袖に「頑張ろうKOBE」のワッペンを貼りプレーを通してメッセージを送る雄姿は感動を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

【fungoアレンジ】

 

 

 

 

 

 

 

ホームのホワイトユニフォームをアレンジしました!袖と襟部分に切り返しのラインを付けるとシンプルなシャツが一気に華やかになりますね。ラインをこだわる事でユニフォームの主張が現れます。袖部部にはチームの所属地域をマーキングしました。

 

②福岡ソフトバンクホークス

1938年 南海野球株式会社として創設

ホームユニフォームは白をベースにしたシャツに珍しいイエローを使った配色が斬新に感じました。今では浸透して白+イエロー+黒=福岡を連想させますね!イエローをベースにしたユニフォームも登場して華やかです。

  

fungoアレンジ】

 

  

あえてイエローバージョンのアレンジです。ビビットなイエロー生地でグランドの注目を一身に浴びる個性的な配色の仕様です。チームマークはシンプルなゴシック書体なのでイエローシャツに合わせても個性がぶつかり合わず協調していますね!シャツの色が明るいイエローにチームマークを刺繍にする事で安っぽならず高級感も保ちます。

 

北海道日本ハムファイターズ

1945年 セネタース野球協会として創設

左右非対称の切り返し個性的且つ躍動的なデザインですね。向かって右から見る印象と左から見る印象はガラッと変わり目を楽しませてくれてます。当初斬新に感じた非対称のデザインでしたが2016年は何といっても大谷選手や中田選手などMVP選手の活躍でファイターズ年と言って良いほどの活躍でした。この盛り上がりでファイターズのユニフォームは一気に人気デザインになりましたね。

fungoアレンジ】

 

 

 

 

 

 

雰囲気が出ていますね~。このデザインは個性的なのできっとグランドで注目の的になる事間違いなしです!刺繍マークそして生地色切り返してユニフォームの柄を作っています。高級感ありますね。

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一パターン。おやっ?フロントがグラデーションになっています!とても華やかに変身しました!こちらは昇華プリントで作ったものです。カラーを多く取り入れるデザインに向いている加工法です。似ているデザインですが作り方が違うと全く違う感じになりますね。プリント仕様は軽量なシャツに仕上がります。

 

④千葉ロッテマリーンズ

1949年 毎日オリオンズとして創設

ユニフォームについていろいろな仕様を採用していてファンを楽しませてくれています。ホーム試合の時はコンサバのピンストライプ左胸マークで王道のデザインです。イベント試合の時などにはグラデーションを採用したユニフォームなど昇華プリントの加工を活かした斬新なデザインを展開してファンを喜ばせてくれています。

fungoアレンジ

こちらはあえてシンプルなピンストライプタイプをアレンジしました。飾りがない「シンプルイズベスト」なユニフォームは誇りと自信に満ち溢れていて男気を感じますね。ピンストライプの生地にチームマークが刺繍です。刺繍のマークは立体感を出して高級感抜群です!シンプルなユニフォームはずっと飽きがなく常にチームの誇りを輝かせてくれます。

 

⑤埼玉西武ライオンズ

1949年 西鉄クリッパーズとして創設

近年はネイビーを基調としたシンプルでモダンなデザインのユニフォームです。

 

 

 

 

 

【fungoアレンジ】

 

 

 

 

 

 

ビジタータイプのネイビータイプのアレンジです。紺色のシャツに赤のラケットラインが相性がいいですね。そして、注目点は脇腹部分を白い生地で切り返しをしています。正面からは一見シンプルなのですが別角度から見た時にユニフォームの印象が変わります!

また、私にとってライオンズのユニフォームはスカイブルー時代が印象が強く、私以外にも同じ印象の方々がいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

その時代SEIBUブルーと印象付いていた象徴的なユニフォームでした。

fungoアレンジ】

 

 

 

 

 

 

 

クラシック感を感じつつ着るととても都会的な着こなしのユニフォームとなります。印象的なスカイブルーはとても目を引きますね!

 

⑥東北楽天ゴールデンイーグルス

2004年 東北楽天ゴールデンイーグルスとして創設

胸マークのチームマーク「EAGLES」は両端に翼が羽ばたいているような特徴的なマークで初めて見た時はとても斬新に感じました。そして今まであまり見かけなかったエンジ色はこのユニフォームを見て全国でエンジカラーが広まったと言っても過言ではありません。2013年はエンジカラー旋風一色でした。この年から草野球ユニフォーム業界にエンジ色が多く取り入れ始めましたね。

 

 

 

 

 

 

 

【fungoアレンジ】

 

 

 

 

 

 

 

チームマークがとても特徴的でデザインの印象をほとんど担っています。そして方から脇にかけてパイピングラインでユニフォームのデザインがピリッとしまっていますね。

 

このようにプロ野球のユニフォームを特徴的な色、雰囲気を近づけると自分たちのユニフォームも好きな球団風に仕上がります。また、もっと自分達らしさを出したいとなればシャツの色を変えるなどするとまた全然印象か変わっていきます。fungoではあなたのチームユニフォームを一緒になって考えていきます。どんなリクエストにも対応したくさんのアイデアを提供していきます。

かっこいいユニフォームを一緒に作って行きましょう!