これで失敗なし!フルオーダーで作る野球パンツ

ブログ ユニフォーム全般

2022/05/01

こんにちは、ファンゴ編集部です!
最近プロ野球やMLBでも色パンツなどが使われる機会が増えてきています。それに合わせてチームでも色パンツや柄パンツの導入を考えているチームが増えてきている印象です。

そこで色パンツや柄パンツがファンゴからリリースされているんですが、野球用パンツをオーダーするとき、失敗しないポイントをお伝えしてみたいと思います。
ちょっとだけ長いですがぜひお付き合いください!
ここを読めば、野球用パンツのオーダーではもう迷うことはありません!

チームのパンツは既製品?

野球チームのパンツでは一番多いのが白一色。どこでも手に入りますし、前チームで使っていたものをそのまま使える場合も少なくありません。
でも白だとユニフォームで個性を出せません。チームのパンツを既製品ではなく、あえてオーダーをする、という選択肢をぜひおすすめしていきたいと思います!

シャツキャップパンツのフルコーディネートをチームで揃えるメリット!

それでは野球ユニフォームをオーダーでシャツ、キャップ、パンツの3点セット、フルコーディネートで揃えるメリットを紹介していきます。

既製品の弱点…パンツは既製品のままで本当にいいの?

野球用パンツは既製品を使っている人が多いのですが、それは「安い」という理由からです。たしかに手に入れやすく需要も一番多いため、単価が安くなる傾向にあります。
しかし野球用パンツは既製品が本当に安いのでしょうか。

まずモノによっては生地が耐久性が低いパンツもあります。そうなると結果破れやすくなり、穴が空いてしまうと長くは使えませんよね。練習用として使用するのもアリですが、スライディングや守備で膝をつくプレーも少なくないため安全面にやや不安が残ります。
さらに既製品の野球用パンツは生地が硬いものもあります。プレー中にゴワつきを感じたり、膝を曲げたときに突っ張ってしまったり。

そして大切なポイントの1つにサイズ感があります。既製品は標準的な体型を想定しており、その多くはS、M、L、LLサイズ。体型によっては既製品が合わない方も少なくないんです。

野球用パンツは既製品が本当に安いのか?

素材の問題、サイズの問題、そして個性の問題。それぞれの問題がありつつもやはりそこは既製品。みなさんが手に取って多く選ばれている現状があります。ただ果たして既製品のパンツが本当に安いのかどうか考えてみましょう。
スポーツショップの平均販売価格は¥5,500円前後。そしてWEBショップでは¥3,500~4,000円程度がそれぞれの相場となっています。

値段だけを見れば既製品でも大丈夫という結論になるかもしれません。
丈夫な素材感、自分にぴったり合わせたサイズ感、そして色パンツや柄パンツなどの引き立つ個性など、どれもカバーできるのがファンゴのオーダーパンツです。
値段だけでなくトータルで見たときに、ファンゴの野球用パンツには既製品では出せない「良さ」があります。

オーダーパンツは3点セットで揃えるのがおすすめ!

ファンゴの野球用オーダーパンツは3点セットで揃えるのがおすすめです!
もちろんパンツ単体でのご注文も良いのですが、セットで揃えると様々なメリットが出てきます。特にこれから新規でユニフォームをオーダーしよう、という方はぜひシャツ、キャップ、パンツの3点セットでの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

コーディネートがバッチリ決まる!

シャツ、キャップ、パンツの3点セットなら、トータルコーディネートがバッチリ決まります。3点同時オーダーなら、デザインやカラー、柄、スタイルなど全て確認しながらオーダーが進められるため、こだわり派のあなたにぴったり!

個性引き立つ!自チームだけの色/柄パンツが作れる!

色パンツや柄パンツなど、既製品にはないパンツだって、3点同時オーダーなら合わせやすいのが特徴です。近年ではプロ野球やMLBでも、色パンツをちらほらと見かけるようになっています。昔からあるピンストライプやクリーム色などの色、柄だけでなく、思い切ったデザインにしてもシャツと合わせられるんです。

個性的でかっこいい色パンツや柄パンツ。ものすごくかっこいいのでおすすめです。
色々なデザインバリエーションがありますので、ぜひこちらの見本デザインがたくさんあるロッカールーム(クリックで別ページへジャンプします)をご覧ください。

選べる裾のスタイル!

ロングタイプやショートタイプ、フレアタイプなど裾の好みも人それぞれ。シャツや好みに合わせて、裾のスタイルを選べるのも嬉しいポイントです。見た目やシルエットが大きく変わるので、人それぞれこだわりたい箇所なのでぜひ一緒にパンツの裾にもこだわっちゃいましょう。選べる5種類のスタイルはコチラ▶

補強パットを必要な個所に入れられる!柄パンツもOK

膝やお尻の部分は、スライディングなどによって一番生地の痛みが早い部分です。そんなときのために補強パットが販売されていますが、さすがに色パンツや柄パンツともなれば補強パットがありません。
しかしファンゴの野球用パンツなら必要な個所にオーダー時に装着可能。もちろん色パンツや柄パンツだって大丈夫です!

【失敗は成功のもと】原因を知って賢く学ぼう!

野球用オーダーパンツは一度発注してしまうと「やっぱりやーめた!」ということができません。そのためオーダー前にしっかりと確認できることをして、納得して購入するのが大切です。
そこで

お客さま
せっかく購入したパンツなのに失敗だった……

という体験談を元に対策を学んでいきましょう。

パンツ選びの失敗その1!値段の安さに目がくらんだ

よくある失敗なのがこちら。
既製品でもオーダーパンツでも異常に安い価格のものを発見したとき、そのパンツは本当に大丈夫ですか?届いてみたらクオリティが低くとてもじゃないけど野球の試合で着用できるシロモノじゃなかった、なんてケースもあります。

失敗しないために

品質を確認するために、チームでサンプル貸出を上手に活用しましょう。サンプルでは生地やサイズ、スタイル等を確認ができる絶好の機会です。写真だけでは分からない生地の伸縮性や肌ざわり、縫製の具合など詳細にチェックができます。サンプル貸出についてはコチラから▶

パンツ選びの失敗その2!好みのデザインが見つからない!

パンツ選びで失敗しがちなのが、色々デザインを考えたのに、それに対応できないようなケース。既製品ではこうした対応は不可能ですし、セミオーダーのパンツでも難しい場合も。好みのデザインにこだわればこだわるほど、なかなかピッタリのものって見つからないんです。

失敗しないために

こんなデザインが良い、こういう風に作りたい!という徹底したこだわりをしっかりと汲んでくれる製作実績の高いメーカーで注文するのがポイントです。ファンゴの野球用パンツは完全フルオーダーなのでこうした失敗はありません。しかも出来上がってから「こんなはずじゃなかった……」を無くすため、細かく打ち合わせに対応しています。レスポンスもスピーディで、あなたのこだわりをパンツに反映します!

ファンゴではデザインのこだわりを反映するため、自分でデザイン制作ができる「3Dシミュレーター」や見本となるデザイン倉庫の「ロッカールーム」がありますのでこちらのページもぜひご覧ください。

パンツ選びの失敗その3!納期が間に合わない!

オーダーパンツの宿命として「すぐに使えない」というデメリットがあります。そりゃ注文を受けてから作るオーダーメイドなので、ある程度の期間が必要となるのは仕方ありません。いざ注文をしてみて試合に間に合わない!という事態は避けたいものです。

失敗しないために

こうした納期に関しては納期計画がしっかりしていて、納期の目安が案内されているメーカーに注文するのがグッドです。着用したい試合がある場合では、注文のやりとりの際、必ず伝えて相談しておくのがポイント。レスポンスの早い連絡手段があり、工場直送のファンゴなら納期に関する不安もありません!

パンツ選びの失敗その4!デザインが合わない

色パンツや柄パンツに挑戦してみたが、今着用しているシャツの色と違ってしまったり、柄の統一ができなかったりするとチグハグな印象となってしまいます。せっかく購入した色/柄パンツ。見た目もビシッときめたいのに、デザインが合わないと悲しいですよね。

失敗しないために

もしシャツがすでに用意してありパンツを追加注文する場合、これまで使っているものをメーカーにきちんと確認してもらって、その色や柄が再現できるかどうか確認してもらうのが大切です。
またデザインをきっちり合わせるために一番おすすめしているのが3点同時注文。これならシャツやキャップとパンツとの親和性も抜群!カラーもビシッと揃えられます。

パンツ選びの失敗その5!サイズが合わない

パンツ選びで意外と多いのがサイズが合わないケースです。ウエストで合わせたら股下が合わない。サイズバリエーションが少ないのが失敗の原因です。

失敗しないために

サイズ選びで失敗しないためには、サイズバリエーションが豊富なメーカーに注文するしか手がありません。しかもチーム内の現メンバーは大丈夫だとしても、将来的に特徴的な体型のメンバーが入ってくる可能性だって考慮しておかなければいけません。
そのため注文する前に特注サイズの注文ができるのかどうか、を確認しておくと失敗がなくなります。あらゆる体型に対応しているかどうかだけでなく、股下調整も可能かどうかが大切です。細かな注文で予算オーバーとならないように注意しましょう。

パンツ選びの失敗その6!届いたパンツが「何か違う…」

パンツオーダーをしたのに、納品されたら色合いやデザインが何だかしっくりこない、こんなケースもちらほら。

失敗しないために

注文前にしっかり確認するのが何よりも大切です。色はもちろん完成をイメージしやすいデザイン画などを丁寧に作ってくれるかどうかを考慮して選びましょう。実績が豊富であるのも見逃せないポイントです。それだけたくさんのパンツを作ってきたメーカーならノウハウも豊富です。
さらに色で注意したいのが、パソコンやスマートフォンなどの使っているデバイス。それぞれで微妙に色が異なるため、チームでサンプルの貸し出しを利用して、色の見本やカラーチャートを自分の目で見て確認するのが大切です。

野球用パンツのオーダーはファンゴで!

野球用パンツを注文するときの注意点など、皆さんいかがでしたか?
ハイクオリティで色や柄、裾、サイズなどこだわりをぜひパンツにも詰め込んでみてくださいね。野球用パンツオーダーのご相談を受けておりますので、お気軽にご連絡ください!

ご注文・お問い合わせ

お問い合わせ 

お問合せはLINEで行っております。

QRコードまたはID検索からお友達追加をしてください。
お気軽にメッセージお待ちしております。

※LINEがない方はメールでも受付けております。info@fungo.jp

商品ラインアップ

Copyright© 野球ユニフォーム オーダー Fungo , 2022 AllRights Reserved.