ブログ ユニフォーム全般

2017/03/27

こんにちは。野球ユニフォーム オーダー製作の「ファンゴ」デザイン部です。
→野球ユニフォーム オーダー製作の「ファンゴ」サイトトップ
→価格について
→お問い合わせはこちらから

野球シーズンがスタートしますね。ユニフォームの準備は整っていらっしゃいますか?
バッチリという方も、まだぁ~~という方も、いずれは・・・という方も、聞いていただきたい!

今回は野球ユニフォームオーダーに際し、仕様のメリットと共に正直にデメリットも書いていきます!
いつか役立つ話しが盛りだくさんの今回の記事。オーダーユニフォーム製作の幹事さんは特に必見です!!

 

オーダー野球ユニフォーム 刺繍にすべきか 昇華にすべきか

野球ユニフォームには大きく分けて「刺繍タイプ」と「昇華プリントタイプ」の2つの種類がありますが、お客様の多くはそれらのどちらで作りたい、というところまで考えがまとまっていないことがほとんどです。

※刺繍ユニフォームと昇華ユニフォームについては以下のページでご確認いただけます。
→野球ユニフォームの定番スタイル 「刺繍タイプ」のご紹介
→軽さ・デザイン・コスパの3拍子 流行の昇華ユニフォームのご紹介

当たり前ですよね、ユニフォームがどうやって作られているとか、知らなくて当然です。
私たちファンゴへのお問い合わせで、よくこういうご質問をいただくことがあります。

「こういう野球ユニフォーム作れますか?」

オーダー野球ユニフォーム 刺繍タイプと昇華タイプのデザイン参考画像

当店でいただくお問合せの中で、「こういうユニフォーム作れますか?」というご質問が、わりとよくあります。

「できません」とお返事したことは、今までの中で、皆無です。

 

「刺繍でお考えの場合は、難しいけれど・・・昇華でしたらお作することができます。」という答えが60%ぐらい。

残りの40%が「もちろん! 刺繍・昇華 どちらをご選択いただいても、お作りすることが出来ますよ」という答えです。

じゃあ~ どっちにしたら いいのかって お悩みになりますよね。ということで、今回は、ザックバランにそれぞれの 良いところと いまいちなところも含めて 刺繍VS昇華 対決する気分で、お話ししてみようと思います。

 

 

刺繍ユニフォームの良いところ

他のスポーツユニフォームは、昇華の勢いが止まりませんが、野球だけは、根強く刺繍ユニフォームで、というこだわりを崩さないのは、プロ野球やメジャーでも、ユニフォームシャツに刺繍信仰が生きているせいかと思います。

 

刺繍ユニフォームはゴージャス

なんてったって、手間がかかっています。ちゃっちゃと印刷するプリントとは、わけが違います。

一本の糸が何度も何度も布の上で、行ったり来たりして縫い上げる刺繍は、技術と手間の賜物です。

その重厚感と光沢感は、いくらプリント技術が上がったとはいえ、絶対に真似できません。

プリントで 凹凸だせる?

だからそれだけで、ゴージャス。

 

オーダー野球ユニフォーム 刺繍タイプ アップ画像

 

ゴージャス感の勝敗は 刺繍の勝ち!!

 

刺繍ユニフォームこそ、これぞベースボールシャツ感

野球の歴史を紐解いてみると、服を揃えて競技をするスポーツとしては古く、こだわりを持っていたことがうかがえます。

それでも初期のころは、ユニフォームに背番号をつけることはなく、なぜかベルトのバックルにチームの頭文字をあしらったという記録があります。

いつの間にか、野球ユニフォームに、刺繍でシンボルをアピールするのは定着しました。

オーダー野球ユニフォーム 刺繍タイプ ニッカポッカ

やはり伝統的スタイルこそが、野球らしさと信じる方も多くいらっしゃり、最近の派手なユニフォームに否定的で「んな、チャラチャラした柄の服着て野球ができっか?」という硬派な方々がいらっしゃったり???

往年の野球ユニフォーム対決での勝者は 刺繍

 

ファンゴの刺繍ユニフォーム

ファンゴのユニフォームは、縫製している同じ工場内で、刺繍も行っております。

オーダー野球ユニフォーム 刺繍タイプ 工場画像1オーダー野球ユニフォーム 刺繍タイプ 工場画像2

刺繍の工程を外注工場へ委託しているメーカーもありますが、FUNGOでの生産体制は、パターン作りから裁断も縫製も刺繍もすべて同一工場内で、一貫主義で行っておりますので安心してオーダーしていただけます。

重厚感あふれる刺繍に、ご満足いただけること間違いありません。

ファンゴの価格設定では、胸マークと背番号、イニシャル、袖マークの刺繍とライン加工がコミコミとなっております。

さらに、こだわりを際立たせたい方には、カスタムデコレーションとして、縁取りの刺繍をさらにもう一周させる二重縁取り刺繍加工で、贅沢の極みを満喫できます。

刺繍のグレードがあがると、ユニフォームも高級感があがると、大評判です。

 

刺繍のいまいちなところ

公平に、刺繍ユニフォームのダメなところを正直にお話しします。

重い&厚い&自由度がない この三拍子です。

物理的に考えて、糸の分の重さが加わり、刺繍箇所の厚みが増すことはだれが考えてもわかる話です。

昇華プリントユニフォームが生まれて、比較しますと自由度においては、刺繍の完敗です。刺繍ユニフォームで表現できる限界があります。

まず生地選びのカラー、切り替えしデザイン、ライン加工とマーキングの書体と色と縁取り回数です。

それでも、バリエーションを広げるために、豊富なカラーとデザインで、昇華に対抗しております。

是非、ファンゴの刺繍ユニフォームご紹介ページであなたのお好みを見つけてください。

オーダー野球ユニフォーム 刺繍タイプ参考画像

 

昇華プリントユニフォームの良いところ

一方、昇華プリントのユニフォームいいところについてです。

まず、カラフルでおしゃれなデザインが自由自在に作れることです!

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像1

プリント技術が向上し、あらゆるものが昇華転写印刷で、簡単に小ロットで制作できるようになり、それ故に、オリジナル品がより手軽に作れるようになりました。

簡単に、昇華転写印刷の技術を説明しますと、まず専用の紙にデザインを印刷します→ポリエステル生地の上に重ね→熱と圧をかける→紙にあったデザインが転写される。インクを気化させることで繊維に色を浸透させ染めます。

要するに、紙に印刷できたものは、布に移す(写す)ことができるのですから、自由度が広がります。

 

昇華プリントユニフォームはデザイン自由度が高い!

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像2

昇華印刷なんて聞くと、「へぇ~ 刷るんだ」という印象ですが、どちらかというと「染め」に近いところがあります。

生地を染めると聞くと、大きな1枚布を染料の中にじゃぶじゃぶ漬け込むイメージですが、

昇華プリントでは、 ○の物は○の形で染め、□の物は□の形で染めます。

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像3

だから野球ユニフォームも

この形染めているのです。

大きな一枚布の ここだけを染めるのです。

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像4

 

だから Mサイズは、Mサイズの大きさの型で染め、LはLの型で染めます。

使わない部分は、染めないので、無駄がない。なんてすばらしいのでしょうか、しょうかぷりんと。

染めた後に、裁断し、縫製します。

普通、柄物生地を使うと、柄合わせをしなくてなりません。

どういうことかと言うと、縫い合わせた部分の左右がチグハグないならないように、うまい具合に柄が連続して出るように、裁断時に気を遣うことです。

また、柄の中でも、メインの模様が正面を向いている方がいいですよね。一枚目は右向いていて、別の物はそれが下にあってなんて、お揃いで着るユニフォームならなおさら、統一してちゃんと正面向いているべきです。

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像5オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像6

 

その点、昇華プリントなら必ず間違いなくすべての物が正面を向いてくれています。1枚1枚染めますからね。

だから、やっぱり生地に無駄が出ない。なんてすばらしいのでしょうか、しょうかぷりんと。

 

昇華プリントユニフォームは デザイン自由だ!

「とにかく自由、カラーが豊富」

複雑なデザインだって、鮮やかな色合いだって、写真だってCGだって表現できてしまうのだから、フルカラーはもちろんグラデーションも、どの印刷方法よりも綺麗に仕上がります。

好きなデザインで作れます。好きな色が作れます。最先端でファッショナブルなユニフォームが作れます。

チーム名などのマーキングにおいても、昇華プリントなら縁取りや袋文字や影文字など、文字装飾も思いのままです。

刺繍では表すことのできない表現方法が意図も簡単にできます。チームロゴにグラデーションをかけたり、柄文字にすることだってお手の物です。

 

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像 クロースアップ

 

デザインの表現対決での勝者は 昇華プリントユニフォーム

 

昇華プリントユニフォームは、真っさらさら

ごわつき感、全くなし、真っ平らの 真っさらさら!

Tシャツなどに使われているプリント方法には、デメリットも多く、1色ずつしか刷れない、通気性がない、生地の色によってデザインが上手く出ないなどなど、これらの問題点を網羅したのが、昇華プリントの印刷技術です。

生地にインクが浸透しますので、ごわつきがなく、プリント面の違和感が全くありません。

吸汗速乾性を向上させたスポーツウエアー用の機能性生地のもつ特徴や質感を損ねることなく、とにかく生地への馴染みがい良い。

色を載せる方法の印刷ではなく、生地を染める方法の印刷であるため、伸縮性・通気性も損なうことなく、洗濯による色落ちや、磨耗による色あせ、プリント面のひび割れなどの心配もありません。

 

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ参考画像 クロースアップ2

 

ユニフォームシャツの肌ざわり感では、 昇華プリントに軍配があがります。

 

ファンゴの昇華プリントユニフォーム

ファンゴには、専属のデザイナーがおりますので、お客様がイメージするデザインをすぐに具現化することができます。

昇華プリントならではのデザインも心得ておりますので、適切にアドバイスさせていただけます。

昇華なら低コストでユニフォームが作れます。例えば、エンブレムワッペンなどは、刺繍ユニフォームですと1着ごとにワッペン代が発生しますが、昇華プリントでのエンブレムワッペンにおいては、最初のデザインさえ決まってしまえば、いくつでもどこへ貼っても、費用が増すことはありません。

昇華でユニフォームを作成するのであれば、是非、エンブレムワッペンでユニフォームを飾ってください。

 

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ ワッペン

 

昇華プリントのいまいちなところ

  • デザインによるが、安っぽく見える
  • 硬派からみるとチャラい
  • 野球というより、サッカーぽいかも・・・

 

本当は、話しずらいのですが、正直なところをお話ししますと、例えばライン加工についてですが、袖ラインや前立てから首を回るラケットライン、これを昇華プリントでデザインしても、なんだかただの線としか言いようのない残念な感じに。

遠くでエールを送ってくれる観客には、ラインテープが施されているのか、印刷なのかはわかりませんが、接近してみると、ただの印刷だということが、バレてしまいます。

同じくマーキングですが、あまりにもオリジナリティーがなく、普通の書体で縁取りもしない感じで、遊びがないと・・ただただつまらない地味で安っぽく見えてしまいがちになります。

結論として、昇華プリントでユニフォームを作るのであれば、デザインを楽しんで下さい!!

是非、ファンゴの昇華タイプユニフォームのご紹介ページで、あなたのお好みを見つけてください。

オーダー野球ユニフォーム 昇華タイプ 参考画像8

 

刺繍ユニフォーム VS 昇華ユニフォーム

では、勝敗をみてみましょう。

ゴージャス感対決では  「刺繍ユニフォーム」の勝ち

往年の野球ユニフォーム対決では  「刺繍ユニフォーム」の勝ち

デザインの表現対決では  「昇華プリントユニフォーム」の勝ち

ユニフォームシャツの肌ざわり感では  「昇華プリントユニフォーム」の勝ち

2X2で 同点 引き分けでした。

今回、この記事を読んで下さって、ありがとうございます。あなたなら、どちらのタイプでユニフォームを作りたいと考えられましたか?

ファンゴでは、どちらのタイプのユニフォームにも力を入れてお作りしておりますので、迷われている場合でも、お気軽にご相談下さいね。

始め、刺繍を考えていたけれど、デザイナーとお話を重ねていくうちに、昇華プリントでユニフォームを作りましたという方も、またその逆の方もいらっしゃいます。 ファンゴなら 途中でチェンジもOKです。 お待ちしております。

→野球ユニフォーム オーダー製作の「ファンゴ」サイトトップ
→価格について
→お問い合わせはこちらから