ブログ ユニフォーム全般

2016/12/17

こんにちは、ファンゴ編集部の戸松です!

皆さん野球楽しんでますか?ユニフォームを変えよう!、セカンドユニフォームを作ってみよう!とユニフォームを作る理由はそれぞれ。皆さんデザインは気合を入れて考えていただいているようで、お問い合わせが入るんですが、「生地」について考えてこられるチームって少ない印象です。

オーダー野球ユニフォームのファンゴでは、お客様の様々なご要望に応えるべく、生地も4種類をラインナップしております。

どの生地にはどんな特徴があるのか、また「こういうユニフォームにしたい!」と考えた場合、生地はどうなるのか、ちょっと突っ込んで解説してみたいと思います!

ユニフォームオーダーを考えているチーム必見、野球ユニフォームの生地って何が違うの?何を選んだらいいの?

ファンゴ
ちなみにユニフォームの種類を「昇華シャツ」「覇王シャツ」にすでに決めているお客様は、プリントの関係上”クールモンドで固定”となりますので注意してくださいね。クールモンド以外の生地はお選びいただけません。

野球ユニフォームにはどんな生地があるの?「マイクロメッシュ」

まずご紹介するのはこちらのマイクロメッシュ。

画像を見ていただければ分かるんですが、メッシュの目が大きく生地随一の通気性が特徴的。湿気がこもらず、着心地は非常に快適。

真夏の炎天下の試合では、このマイクロメッシュ生地のユニフォームが涼しげです。ぜひぜひ夏季用ユニフォームとしてお選びいただけたら、と思います。

通気性だけでなく、大きなメッシュの目を生かしてアンダーシャツとのコントラストの差を楽しんでもらうのもアリです。シャツのメッシュからアンダーが透けて見えるコントラストの違いは、いつもと違ったユニフォームの表情を見せてくれますよ。

夏は日差しが強いので、より一層コントラストの表情を豊かに表現してくれるでしょう。

生地のカラーは全部でなんとストライプなどの柄も含めて24種類!チームカラーに強いこだわりを持つチームにも、ばっちり対応できるように準備しております!

 

野球ユニフォームにはどんな生地があるの?「エアメッシュ」

続いて紹介するのがこちらのエアメッシュ。

マイクロメッシュと比較するとメッシュ目はそこまで大きくありません。ですが細かい格子状に入った小さなメッシュは見た目にもオシャレです。

またその小さなメッシュは汗をどんどん吸収、拡散させてくれるのでこちらの生地も夏に最適。サラサラの着心地はクセになること間違いなし♪サラサラなだけでなく、生地を織り込んでいくときにできる柄が格子状になっていますので、見た目にも高級感が出ます。

そのため立体的な刺繍ユニフォームとの相性も抜群です。全体的なデザインだけでなく、生地のディテールにもこだわりたいチームにはぜひこちらのエアメッシュをオススメします!

こちらのエアメッシュでは定番カラーを中心に11色をご用意しております。

野球ユニフォームにはどんな生地があるの?「クールモンド」

エアメッシュよりもさらに細かいメッシュで、生地に凹凸のないツルッとした仕上がりになるのがこちら、クールモンド。

極小メッシュなのに通気性はしっかり確保されていて、夏でも涼しい生地です。

エアメッシュ、マイクロメッシュよりも生地がしっかりした作りになっており、滑らかな伸縮性が特徴的。オールシーズン通して着ることができる万能の生地と言えますね。

このクールモンドには生地に裏表があります。

なだらかでツヤのある方を表に出すことで、昇華印刷を一番キレイに見せることができるんです。ファンゴでは、昇華印刷を使用する「昇華ユニフォーム」と「覇王ユニフォーム」に関しては、印刷面の仕上がりの美しさの関係でクールモンドの生地でお願いしております。

昇華印刷のグラデーションや細かな柄を忠実に再現するためなので、他の生地と比較するとクオリティに差が出てしまうためです。

 

ファンゴ
大事なことなのでもう1回・・・「昇華」と「覇王」はクールモンドで固定です!

 

野球ユニフォームにはどんな生地があるの?「メモリ」

肉厚の生地が特徴なのがこちらのメモリ。

生地の折り目が密なので、摩擦に強く耐久性が高いというメリットがあります。メッシュ生地ほどの通気性や速乾性はないものの、丈夫さや暖かさではこちらがリード。

質感もメジャーリーグ創成期のユニフォームの質感に似ていますので、クラシックなユニフォームが好きなチームにぜひオススメしたいユニフォーム生地です!

クラシックな質感が出せる「メモリ生地」+「立体的で豪華な刺繍マーキング」との相性は抜群です。カラーも豊富な16種類をラインナップ。

夏用ユニフォームはメッシュ生地で、シーズン序盤やシーズン後半の肌寒いシーズンにはこちらのメモリ、と使い分けるとより快適に野球に望めます♪

 

それぞれの生地を画像でご案内♪

ここまで紹介させていただいた4種類の生地タイプは全てシャツ用。ユニフォームのメインとなる部分なので、生地にもこだわってオーダーしたいものですよね。

実際に質感やカラーなどを画像で比較できるように、こちらにご用意してみました。

こうしてみると生地が違うだけでも質感に変化が出ますので、自分好みのユニフォーム生地を見つけてみてください♪

 

ファンゴのパンツ用生地はこだわりの1種類!

野球のパンツはスライディングや守備で膝をつく動き、クロスプレーなどシャツ以上に過酷な環境にさらされます。そのためシャツ以上に耐久性に富み、さらにはストレッチ素材で動きやすさも求められる生地が必要不可欠!

スライディングなどの耐摩擦性だけでなく、スイングやピッチングの動作に影響を与えないように、抜群の伸縮性も備えた”スパンデックス”という生地を使用しております。

着ていて「快適」「傷みにくい」「プレーの邪魔をしない伸縮性」と3拍子揃った、ファンゴが厳選したスパンデックス生地。これを使ったら他のユニフォームパンツが使えなくなる・・・かも?

またお客様の要望にお答えできるように、パンツ用のスパンデックス生地も12種類のカラーラインナップをご用意しております。どんなシャツやキャップにも合わせることができるように品揃えしております!

ユニフォームの生地の選び方もチームそれぞれ!

ファンゴではユニフォームオーダーをお受けしていますが、ご要望はチームそれぞれ。どんな生地にしたいのか、どんなデザインにしたいのか、で最適な生地が決まります。

ユニフォームの生地選びでもし迷っている方がいれば、ぜひ一度ファンゴまでご連絡を!

あなたのチームに最適な生地をお選びいただけます。そしてファンゴもそのユニフォーム選びのお手伝いを全力でさせていただきます。愛着が湧く、大切なユニフォームをオーダーしていつまでも野球を楽しんでいきたいですね♪

 

「さぁ、楽しい野球の始まりだ!」

 

他のブログ記事もチェック