ブログ ユニフォーム全般

2017/01/29

こんにちは、草ユニウォッチャーfungoです!

草野球が大好きでその中でも各チームの個性あふれるいろいろなユニフォームを見る事が特に大好きです! 草野球チームを結成して、さぁこれからユニフォームを作ろう!どんなユニフォームにするのか考えるのはとても楽しい時間ですよね。チームの仲間と同じユニフォームを着てそして試合をするのですから当然テンションは上がりますよね!

 

独立リーグのユニフォームのデザインを参考にしよう!

ユニフォーム製作をしているfungoにお問合せ頂く声の中で多いのはプロ野球のユニフォームを参考にしているケースが多いです。野球好きの仲間が集まっているわけですから好きなチームの話題は盛り上がりチーム愛の座談会が繰り広げられたりするケースがあるかもしれません。代表的なプロ野球チームの記事は<セ・リーグユニフォーム><パ・リーグユニフォーム>で熱血掲載していますので覗いてみて下さい!

でも、他のチームと似ているユニフォームは着たくない!もっと個性的なユニフォームを着たいと思うチームも多いと思います。そして、もっとたくさんのチームユニフォームを見て参考にしたいと希望する草野球チームの方々に応えて今回はNPB以外の個性的なユニフォームを着ているチームのユニフォームを紹介していきます。

NPB以外の野球リーグ

NPB以外にも地域に愛され人気を博している球団はたくさんあります。そしてそれらの球団が所属しているのが独立リーグです。NPBが運営するプロ野球とは別に、地域などで作られた組織が独自に試合を開催している野球リーグです。21世紀に入ってから野球界の展望は長い不況で実はそんなに明るい状況ではありませんでした。

社会人野球チームの休部や廃部が相次ぎ組み立てられていた仕組みが崩れつつあった状況の打開策の一つとして登場したのが独立リーグです。NPBとは違い全国放送がされていないので一部地域のファン以外はあまり見る機会は少ないと思いますがチームの所属地域では絶大に愛され人気を博しています。

そんな独立リーグの各チームユニフォームはあまり見かけることはないかもしれませんがだからこそ今回の紹介では新鮮に感じると思います。

個性的なユニフォームの宝庫

独立リーグの各球団ユニフォームはチームの拠点である地域に融合したチームテーマのデザインが多く取り入れられています。ですから地元の人たちに愛されているんですね。チームユニフォームのデザインを分析してみると「なるほどねぇ~!」と思う点が見つかります。一見奇抜で個性的に見えるデザインも意味を理解すると愛らしい愛着が湧いてきます。

これから草野球のユニフォームを作ろうとお考えのチームの方々にもとても参考になると思いますよ!

 

 独立リーグの数

    四国アイランドリーグplus(通称:アイランドリーグ)

    ベースボール・チャレンジリーグ(通称:BCリーグ)

    関西独立リーグ(通称:カンドク)

    日本女子プロ野球リーグ(通称:JWBL

現在独立リーグの数は4団体があります。どのリーグも地域にこだわり、そして所属している球団は拠点の地元愛に溢れていて

 

 四国アイランドリーグplus(通称:アイランドリーグ)

数ある独立リーグの中から今回は日本列島を構成する島の一つとして海に囲まれた素敵な地方の四国アイランドリーグの加盟チームユニフォームを紹介します。

愛媛マンダリンパイレーツ

地元愛媛名産のみかんのマンダリンからチームカラーはオレンジそして村上水軍にちなんでパイレーツと命名されチームマークが作られています。

ベースのオレンジが目を引くビビットカラーであり柑橘系のさわやかさを感じます!上半身がビビットなオレンジシャツでパンツはシンプルなショートスタイル、ソックスとアンダーシャツを黒のコンサバで合わせる事でカラーがガチャガチャせず韋駄天のごとく軽快に動きにマッチしています!

やんちゃ感を感じさせるチームマスコットですね!

 

香川オリーブガイナーズ

チーム名は香川県の木であるオリーブと讃岐弁の「強い=がいな→英語のguy()」を組合わせた造語です。チームカラーはオリーブグリーンです。

オリーブグリーンの色深い緑は、目に優しく気が付くとユニフォームをじーっと目で追いかけ見続けてしまいます。やはりグリーンは目に優しく落ち着きますよね。グリーンにはそのような効果があります。

思わずカラーから超人ハルクを連想してしまいましたが「強い奴」のキャラクターです。オリーブの巨木を片手に強そうです!

 

徳島インディゴソックス

チーム名は徳島県の伝統染め物の藍染と鳴門海峡のイメージからインディゴとかつてベースボールの象徴でよく使われていたソックスを組合わせました。

ネイビーと言って良いくらい深みのある藍染のブルーとスカイブルーを切り返したさわやかに仕上がっています。アンダーシャツを明るいブルーにしていることでよりマイルドになっていますね!

マスコットのモチーフは蜘蛛です。名前は「ミスターインディー」です。インディゴブルーですね。

 

高知ファイティングドッグス

土佐犬のごとく戦う戦士と言う事でしょうか。そしてチームカラーは土佐の黒潮をイメージさせる黒です。

土佐犬のキャラクターがキャップなど随所に使われています。そのテイストはアメリカマイナー・リーグやカレッジ・ベースボールの雰囲気を醸し出しています。一見アメリカンですがよく見ると犬の顔のまわりを白麻の網が囲んでいたりと和のテイストもしっかりと含まれています。

迫力があり強そうですね!威圧感のある闘犬ですね。

 

どうですか?NPBとは違い普段あまり見る機会はありませんが(地元の方々無礼すみません・・)華やかで新鮮ですよね。あと、ユニフォームのデザインで補足の説明です。

独立リーグと草野球ユニフォームのデザインで違うところがあります。それは独立リーグの各チームは拠点の県と企業のスポンサーに支えられているのでスポンサー企業の広告が独立リーグユニフォームには付いていることです。

草野球では広告を付ける事を協会のルールで禁止しているケースがあるのでご注意くださいね。但し広告としてではなくデザインの一貫としてこのようにワッペンをベタベタ貼る感じがカッコイイと希望した場合ではデザイナーさんルールを確認しながら相談してくださいね!

Fungoのデザイナーが丁寧に対応しますよ!