ブログ ユニフォーム全般

2017/12/15

こんにちはオリジナルユニフォーム製作のファンゴです。

→野球ユニフォーム オーダー製作の「ファンゴ」サイトトップ
→価格について
→お問い合わせはこちらから

今回はユニフォームファンゴが新ブランドとして発表した「覇王」シリーズの紹介します。
まず、ブランド名がとても硬派でそしてゴツイ!その名も「覇王」!(はおう)

覇王「は、はおう?」「北斗の拳のラオウ?」「日清のラ王?」etc・・・
まだ初見の故、いろいろ聞き返される事が多々ありますがこちらの紹介ブログでお見知りおき頂ければと思います。

野球ユニフォームの頂点 「覇王」のブランドテーマ

善と人間力で世を治める「王道」と知力や武力を持って世を治める「覇道」この両者から生まれた称号「覇王」(はおう)。
自力の力で天下を治めた者、すなわち天下人が「覇王」の称号を名乗れるのです。

ブランド名「覇王」には「天下を取ろうぜ!」「草野球の頂きへ!」そして、「自分達らしさを極める!」
こだわりを追求した思いをブランドテーマに込められています。
野球は戦いがテーマのスポーツです。やるからには頂点に立ちたい!大会の覇者になりたい!そんな思いをユニフォームに込めました。

覇王

では、「覇王」とは一体どのようなユニフォームなのでしょうか⁉

 

「覇王」の魅力とは

一般的に商品の良さを伝える際に「メリット」・「デメリット」と言うような表現が用いられますが今回の「覇王」に関しては「メリット」そんな響きのお得的な解釈の物ではありません。尚更「デメリット」なんて感覚で比較するのであれば、もうこちらをご覧にならなくてもかまわない!と言う位の気持ちです。
「何がイイの?」「どういいの?」「そんなに違うの?」「どこが違うの?」様々な声が聞こえます。
前述にも書いた通り、「覇王」についてはメリット・デメリットでは言い伝えられるものではありません。いや、そのような表現を使いたくない商品です。
あえて言い表すならば「魅力」が当てはまります。
感じるんです!手にした時に「あぁ~、なるほど!」と!
*手に取って良さを感じて頂きたい!
手に取って、袖に手を通してこそ伝わる「覇王」の実感。体感しなければ伝わらない「高級感」「充実感」そして「優越感」!
何度でも言わせて頂きたい!是非手に取ってみないとわからないこの体感!なのであります。

しかし、いくら「*手に取って良さを感じて頂きたい~!」と訴えたところでこのブログではそれは叶いません。
せめて伝えられるところはしっかりと解説して参ります。

「覇王」 5つの魅力を解説

今回の「覇王」を簡潔に伝えるとすると下記の用の説明になります。

【野球ユニフォームの最高峰 「覇王シリーズ」のご紹介】
・覇王シリーズの野球ユニフォームとは
覇王シリーズは、まさに野球ユニフォームの頂点!
「昇華プリント」加工の工程で完結していた従来品に対して更にマーキングを「刺繍加工」で施した贅沢を極めた野球ユニフォームです。
「昇華プリント」の自由さ、華やかさと「刺繍プリント」の高級感を融合させたオンリーワンの野球ユニフォームです。
「え、それってかなり高額なユニフォーム!?」「刺繍や昇華の倍の価格なのでは!?」
ご安心ください。コスパ最強を自負するファンゴでは、他社の「刺繍タイプ」「昇華タイプ」ユニフォームと同等の価格帯でこの「覇王ユニフォーム」をご提供しています!

前述には覇王の5つの魅力が表現されています。その5つの魅力を解説して参ります。

魅力その①野球ユニフォームの定番 高級感抜群の刺繍マーキング

ファンゴのユニフォーム工場の原点は刺繍工場です。
だからこそ、常に技術向上に邁進しクオリティーにはプライドを持っています。
ファンゴ工場は2017年現時点でユニフォームの生産総実績は700,000着を突破しております。
工場の原点はもともと婦人服(刺繍を中心)を作っておりましたが2008年に野球ユニフォームの専門工場へと変換を遂げました。
野球ユニフォームの生産はそれまで作っていた婦人服とは服と言う点は同じでも、オーダーメイドのユニフォームは全ての服がサイズや背番号の刺繍など仕様が1着ごと異なり、今までの大量生産の流れとは勝手が違い今のオーダーメイドの生産過程の流れを築き上げるまでには失敗と学習の連続で一朝一夕で成し遂げられることではありませんでした。
オーダーメイドの心構えは、一着ごと異なる刺繍と縫製を丁寧に向き合い対応する事
出来上がった製品の検品においても全て違う名前、サイズなどが合っているかなど同じものがない為、注文リストと1着ずつ向き合い、唯一無二の1着を管理すると言う事なのです。
そして、毎日コツコツと唯一無二のオーダーメイド製作を重ね現在では700,000着突破となり草野球を楽しまれている700,000人のオーダーメイドユニフォームをお届してきました。
「ワンフロア― 一貫体制製作のこだわり」
一つのボールをチーム全員が追いかけるベースボールのように、オーダーメイドの1着を各工程のスタッフが次の工程へ繋ぐチームプレイで完成させていきます。
ファンゴ刺繍

魅力その②華やかさそしてデザインの自由さ 昇華プリント

昇華プリントはとにかくデザインの再現性に長けています。複雑なデザインだって、鮮やかな色合いだって、写真だってCGだって表現できてしまうのだから、フルカラーはもちろんグラデーションも、どの印刷方法よりも綺麗に仕上がります。
好きなデザインで作れます。好きな色が作れます。最先端でファッショナブルなユニフォームが作れます。
何よりも野球ユニフォーム界では現在の流行りは「昇華プリント」‼
ファンゴへの問い合わせの中で「ファッション服のように野球ユニフォームにも流行りってあるのですか?」と質問を受けることは少なくありません。その際の回答ですか?「昇華プリントのユニフォームですよ!」と回答します。
どの時代でも迷彩柄はファッションの最先端です。そんなトレンドをユニフォームの柄に取り入れればトレンドファッションを取り入れたユニフォームは瞬く間にグランドの注目の的、間違いなしです!ブログ迷彩コレクション

このように昇華プリントはまだまだデザインの可能性を秘めています!
ファンゴ昇華プリント

魅力その③ 2種類加工法を融合させたハイブリットシャツ

従来の草野球ユニフォームは2つのタイプに分かれています。
①シンプル派・硬派などは高級感を求める「刺繍マーキング」タイプ
②目立ちたい・デザイン重視派はデザイン自由度の「昇華プリント」タイプ
上記、タイプは2つに分かれております。まずこの大きな分岐点を経てデザインに取り掛かるのですがその中で「よそのチームと同じは嫌だ」「自分たちだけのオンリーワンのデザインにしたい!」「とにかくこだわりのユニフォームにしたい!」と言うわけです。
そこで、オリジナル性をより追及していくと初めの2つの加工法の分岐点を融合する事で今までに無い新しいものが生まれるのではないか!
それこそまさにハイブリッドの根源なのです!
覇王コラボ

ここに注目!最強コラボユニフォーム ハイブリッド仕様を解説

今回「覇王」最大の特徴は
・通常の一般品では昇華プリントタイプそして、繍マーキングタイプと相反する2種類のスタイルを融合させた仕様が特徴です。

刺繍昇華合体

上のイラストを見る限り「ふんふん、なるほど。」と別に差ほど特別感が伝わらないかもしれませんが実写となるとまた一段と雰囲気が伝わると思います。
今回同じデザインを「昇華プリント」「覇王」2種類で作成したものを比較しながら解説して参ります。

抜群の高級感、そして高貴な雰囲気さえ漂う優越感

 

昇華アップ

まずは昇華プリントの接写です。昇華プリントは前述の通りデザインの再現性が自由で全面柄などもできとても優秀な加工法です。しかし、1点物足りなさを挙げるとするならば気化プリントならではの平面感です。野球のユニフォームは胸のチーム名が特徴のスタイルなのでこの部分が平面だと言う点に物足りなさを感じていた方々もいたのではないでしょうか。

そして、☟「覇王」の仕様と言うと
覇王シャドー接写
分かりますか?伝わりますか?この違い!写真のシルエットシャドー迷彩にチームマーキングが【パキッ】と浮かび上がるこの仕様。やはりこの雰囲気は刺繍でないと表現できません!
更にもっと伝わるように並べた画像もお見せしましょう。
覇王昇華比較ストライプ接写

この艶感、そして立体感が醸し出す表現力は昇華プリントでは到底表現しきれませんね。

刺繍だけではない。細部のディテールも流石のこだわり

「覇王」のこだわりは刺繍だけではありません。ライン加工などの細部についてもこだわりを妥協しておりません。
一般品の昇華プリントでは袖やラケットラインにつてもデザインの一貫として当然プリント表現ですよね。
しかしこのラインデザインと言うのは古くから野球ユニホームのデザインには無くてはならないものでこれがあるからこそ野球ユニフォームだと認識させるくらい切っても切れない関係です。そしてその時代は刺繍ユニフォームが主流なのもあり、縫製で付けたラインの立体感が高級感とプレーヤーのプライドを高貴な雰囲気で映し出していました。最近の昇華プリントでは柄は出せても平面の為、野球ユニフォームならではのラインの良さが活かしきれておりませんでした。
今回の「覇王」はラインのディテールもこだわりのテープ後付けです。

覇王ライン接写

やはり後付けラインは立体感が強調され高級感に溢れていますね!

魅力その④ 手にした時ときにこそ体感する「覇王」の違い

覇王感じろ

冒頭まさにこのミュアンスを手に取って感じ取り、試着で体感して頂きたい。
こだわりをテーマに新規でユニフォーム製作をご検討のチームの方々は是非、一度この「覇王」を手にして体感して頂きたい!
きっと「これを見て、知っちゃったらこの仕様以外にないよなぁ~‼」と言って頂く自信があります!

「覇王」は戦いで勝ち抜いた勝者の称号です。そこから見る景色そして後から次期覇王を狙う後者を背に感じるその状況はまさに「体感」してこそ知れるべきものです。感じる事です。

ファンゴでは試着用の貸出しを行っております。今回「覇王」仕様も複数サンプルを用意しました。是非お申込み頂き「覇王」を手にして頂きそして体感してください!

ファンゴ試着貸出し

 

魅力その⑤ 良いものだから高いのは当たり前?そんな常識はぶち壊します!

・「え、それってかなり高額なユニフォーム!?」
・「刺繍や昇華の倍の価格なのでは!?」
ご安心ください。コスパ最強を自負するファンゴでは、他社の「刺繍タイプ」「昇華タイプ」ユニフォームと同等の価格帯でこの「覇王ユニフォーム」をご提供しています!

前述で述べていた「最高級」「最新スタイル」「ハイブリッド」「ユニフォームの頂点」と散々煽っておいたから高めに設定してもいいだろう、手間暇かけたぶんこれだけ高くしても通用するだろう!世間(他社)では今までの値段の付け方ってこんな感じだったかもしれません。
でも、ファンゴもユニフォーム業界の覇王を目指す志を持っています!そんな常識をぶち壊します!
これが新時代の適正コストです!
シャツ単品: ¥  9,980-
●2点セット : ¥12,480-
●3点セット :  \15,480-

ファンゴ安いなんでそんなに安いのか?
以前のファンゴはメーカーの下請けとして末端ファクトリーの立ち位置におりました。
下請けなので作ったユニフォームを着ているお客様の姿は見えませんでした。
草野球を楽しむ皆さんにもっとかっこいいユニフォームを着て欲しい、そして手ごろな価格で負担なくユニフォームを作る事へのハードルを低くしてたくさんの方々に草野球を楽しんで欲しい!そんな思いで直販をスタートしました。
直販を始めたファンゴは実際にお客様の声をダイレクトに聞かせてもらい、いろいろな意見やリクエストを製作に生かして向上に役立てています。
沢山お聞きして応えた商品が今回誕生した「覇王」なのです。
【ファンゴ 安さの秘密】

 

覇王の称号 ラベル付き

覇王の製品にはその類まれな仕様をそして「覇王」を称号する証として覇王だけに許されるタグを付けております。
織加工で丁寧に作った覇王のプライドにふさわしいクオリティーのタグになっています。
覇王タグ

実はこのタグはシャツ内面の洗濯などのattentionタグと一緒に付けております。
せっかくの覇王だからなのだからもっと目立つところで更に見せつけたい!「あっ、このネームの意味ですか?覇王って言ってね、ほらこのシャツって一般的なユニフォームと作りが違うでしょう~‼」などと自慢の一つでも披露して優越感に浸りたいと言う声もありましたが、あえて本人にしか伝わらないマニアックな箇所に付けました。
その理由は前述に説明しておりこの製品は「見て伝わる」ではなく「感じる」というコンセプトに基づいているのです。

 

これからは「刺繍タイプ」「昇華タイプ」そして「覇王」この3選択時代の幕開け

・「俺たちは、憧れのメジャーリーグのようなシンプルでカッコイイ刺繍タイプのユニフォームを作ろう!」
・「僕たちはデザインに凝った他のチームに無いようなデザインにしたいから昇華タイプのユニフォームにしよう!」
そして、
・「吾輩たちは、草野球の頂点を極めるぜよ!全てにおいてNo1で揃えたいから覇王で決めるぜよ!」

こんな選択肢があってもいいと思います!
覇王格子ストライプ接写

覇王接写

 

「覇王」を着て周りのチームを圧倒しましょう!

さぁ、楽しい野球の始まりだ!