ブログ ユニフォーム全般

2019/03/17

こんにちは、ファンゴ編集部の戸松です。

いやー、カモフラってかっこいいですよねぇ。軍服とか男のロマン!って感じがしませんか?(笑)いつもお仕事ご苦労さまです! という話はさておいて。

デザインでもカモフラパターンがものすごく人気なんですよね。男子が着ればかっこよく、女子が着てもボーイッシュに、と全面に柄を押し出しているデザインなんですが、案外すんなり着こなせてしまうというか。

最近はユニフォームのご注文でカモフラがものすごくたくさん増えてきています。でもね、カモフラの種類ってめっちゃたくさんあるって知ってましたか? ここでは最新デザインから定番のデザインまで目一杯紹介していきたいと思います。

がんばって見てくださいね(笑)

3COLLAR迷彩

最もオーソドックスな迷彩ですね。カモフラのグリーンを濃淡で表した迷彩です。もちろんグリーン以外にもレッドやグレー、ネイビーなどなどどんなカラーでも対応可能ですよ。

色の濃淡だけでなく、全く異なるブルーとピンクとか、レッドにブラックなんて組み合わせも自由自在です。オールド迷彩という呼ばれ方もしていますね。

リザード迷彩

リザード(トカゲ)迷彩という名前のついたカモフラです。このリザード迷彩って広く軍服なんかにも使われているようなんですが、ボクにはトカゲ要素がわかりません(汗)

もしかしてトカゲ以外にももっと別の意味が隠されているんでしょうか。

スタンダードなカモフラと比べると柄が少しシャープになっているのが特徴的ですね。こちらもカラーの組み合わせは自由に選べますよ。

アーバン迷彩

アーバンとは「都会的で洗練された」という意味を持つ言葉です。都会的でスタイリッシュな迷彩という意味合いになるんでしょうか。

カモフラが細かく、全体的に色馴染みがいい印象の柄になっていますね。

5COLLAR迷彩

パッと見た感じ、スタンダードタイプの3COLLAR迷彩と変わりない印象なのですが、こちらは色の濃淡を5色使っている豪華仕様。同系色の組み合わせだとあまり目立ちませんが、ドギツイカラーを組み合わせるとこの5COLLAR迷彩の真価を発揮します。

グラデーションのように濃淡を細かく分けても楽しいですし、思いっきり色味を変えても楽しいデザインになります。

ウッドランド迷彩

サンプル画では縦縞が入っていますが、縦縞のことをウッドランドというわけではありません。実はアメリカで考案されて軍にも長く正式採用されていたとされる由緒正しきカモフラです。

なので縦縞はなくてもウッドランド迷彩と言います。

大きめの斑模様が、視界でにじみにくく遠距離での交戦を想定して作られたんですって。うーん、勉強になります!

デザート迷彩

砂漠用に開発されたというカモフラで「デザートカモ」という呼び名のパターンを見たことがある人もいるかも。これがまさしくそのデザートカモなんです。

ウッドランドはジャングルや森の中に溶け込むようなパターンですが、こちらは名前の通りデザート(砂漠)にマッチするような柄ですね。

けれどもチョコレートチップが混ざっているようにも見えるので、通称「チョコチップ」とも言われているみたいです。かっこいいのにおいしそう・・・不思議なネーミングです。

デジタル迷彩

細かい四角形の模様で構成されたカモフラのパターンをデジタル迷彩と言います。

他の迷彩は不規則な形の模様だったのに対し、デジタルは四角形の細かいドットがランダムに配置してあるところですね。色のトーンを変更すればバシッ! と強く発色するカモフラパターンになりますし、同系色でまとめると主張しないおとなしめのカモフラに。

色の選び方で色々表情が変わるカモフラパターンの1つです。

マイクロデジタル迷彩

細かいドット柄だったデジタル迷彩をさらに細かいドットで構成したのが、こちらのマイクロデジタル迷彩。近くで見ると迷彩なのですが、ベンチから外野手を見るとあまり迷彩感が出ないのが特徴です。

それは柄の細かさによるもので、「カモフラでもあまり目立ちたくないなぁ」とお考えのチームはマイクロデジタルがおすすめかも。

レンガブロック迷彩

レンガを積み上げたようなパターンのレンガブロック迷彩です。デジタルはランダムにドットが並べられていましたが、レンガブロック迷彩は横は規則的にしっかり揃っていますね。

遠目から見ると、横方向にホウキでさっと色をにじませたように見えるのがとってもおしゃれです。

ピクセル迷彩

マイクロデジタル迷彩よりもさらに細かい柄のピクセル迷彩。近くで見ると目がチラつくというか、けっこう色味が激しい印象です。ただ同系色でまとめてしまえば逆にものすごくおとなしくなるのも特徴です。

遠目から見ると実は色がぼやけて、単一の色にも見えたりするから不思議です。

UNERI迷彩

見たとおり、波のうねりをイメージして作られたUNERI迷彩。規則的に並ぶ曲線が美しい海をイメージさせてくれます。これも色は自由ですので、青でなくてもなんでも大丈夫。

この柄をチョイスするチームさんは比較的少なめな印象。オンリーワンの個性を出したいチームの皆さん、今が狙い目かも!?

モザイク迷彩

小さなドットを散りばめたのがモザイク迷彩です。カモフラ柄としてはファンゴ完全オリジナル! それもそのはず、モザイク迷彩はファンゴのデザイナーが生み出した自信作ですからね。

ピクセルやドットとも違う雰囲気は個性を出したいチームにぴったり♪

ハニカム迷彩

六角形を隙間なく敷き詰めた図案をハニカム柄と呼びます。そのハニカム柄×カモフラのコラボレーション! トンボの目を彷彿とさせるような柄ですが、元々は蜂の巣が原型だそうです。

パッと見た感じ、デジタル迷彩とあまり変化はありませんが、画像右側のアップに注目。これなら違いがよく分かりますよね。

アニマル迷彩

ヒョウ柄やゼブラなどに代表されるアニマル柄。これを全体的に総柄にしてカモフラっぽく仕上げたアニマル迷彩。決まった図案はなく、猫や犬の足跡や、ヒョウ柄、牛柄なんでもござれ♪

あなたのペットをモチーフにしたカモフラも楽しいかもしれません。

シャドウスラッシュ迷彩

これまでのデジタル迷彩とほとんど変わらない!? と感じているそこのあなた。画像右側のアップを見てください。デジタル迷彩は格子状にデザインが切ってありましたが、こちらのシャドウスラッシュは斜めにラインが入っているのが特徴。

遠くで見れば一緒でも、近くで見ると「おやっ?」と感じるさりげないデザインアピールをしてくれるんです。自分しか分からない細かいこだわりってのも大切なんです。

ドット迷彩

細かいドットを並べてカモフラ柄にしたドット迷彩がこちら。マイクロデジタルよりもさらに細かいカモフラで、遠目からはぼんやり浮き出る濃淡の違いが魅力的なデザインですね。

遠くと近くでは見え方が大きく変わりますので、1着で2度楽しめる!?カモフラ柄です。

アメーバ迷彩

アメーバのような曲線を描いてカモフラにしたのがこちらのアメーバ迷彩です。ドットやデジタルとは大きく趣が異なりますね。アメーバってなんだか得体の知れない生物ですが、カモフラにしてみると不思議とポップな感じになってしまいます。

大きめのカモフラ柄なので、実は存在感が抜群なのがアメーバ迷彩です。

アメーバパンチングドット迷彩

先程のアメーバ迷彩を元にして、ドット柄でアメーバを表したのがこちら。ちょっとネーミングが長いですがアメーバパンチングドット迷彩です。

ドット柄を組み込むことで、アメーバのエッジがちょっとぼやける効果があります。アメーバ迷彩ではエッジが際立ちすぎるのを嫌う人には、ちょっと模様がマイルドになったこちらのアメーバパンチングドット迷彩がいいかもしれません。

クラウドドット迷彩

スタンダードな迷彩をドットで表現したのがこちら、クラウドドット迷彩です。格子状のカモフラは案外印象がやわらかくなります。

「ちょっと迷彩は派手すぎて・・・」という方は一見の価値有りですよ~。

隠れプレイヤー迷彩

迷彩なんですが、全面にプレイヤーのシルエットが配されたちょっとおもしろい迷彩がこちら。名付けて「隠れプレイヤー迷彩」! そのまんまやん! というツッコミは無しでお願いします。

ファンゴだって大真面目にネーミングを考えたんです(笑)多くは語りますまい。隠れプレイヤー迷彩をぜひ採用してみてください!

でもちゃーんとカモフラ柄になってるんですよ。しかも近づいてよーく見るとやっと分かるくらいですから。

クラッシュ迷彩

ガラスをバーン!と割ったようなどこか美しさと儚さを漂わせてくれるのがクラッシュ迷彩。通常のカモフラよりもシャープな印象を与えてくれますよね。

画像ではネイビーを基調としたものですが、ピンクやイエローなどをメインカラーにしてもものすごく可愛いユニフォームになります。色によって大きく性格が変わるパターンですね。

キャンディーラップ迷彩

カモフラ柄の1つ1つに模様を変えてカモフラにしてあるのがキャンディーラップ迷彩。それぞれが主張するカラーを選ぶとキャンディーのようにポップでキュートなデザインになりますね。

同系色でまとめてシックに決めても、表情豊かでかっこいいカモフラパターンが完成します。

トライアングル迷彩

トライアングルでカモフラパターンにしたのがこちらです。アーガイル柄ともちょっと違う、どこかオールドな雰囲気が漂うデザインです。

それでも古臭いデザインではなくて、味わいのある良さでおすすめのカモフラパターンの1つです。

ピーコック迷彩

ピーコックってどんな意味かご存知ですか? わかった方はピンとくるはず。そう「クジャク」のことなんですよね。クシャクの羽をイメージしてデザインされたピーコック迷彩です。

アップの画像をよく見ると、ますますクジャクの羽に見えてきませんかー?

シークラウド迷彩

カモフラ柄を少しずつ淡く表現することで、雲海のような模様を表現しているのがシークラウド迷彩です。じんわりと浮き出るようなカモフラが特徴的で、優しいパターンのカモフラが出来上がりました。

スモーキーな色合いにすればさらに優しく、ビビッドなカラーを選ぶとキリッと引き締まって見える人気パターンの1つです。

オイルドロップ迷彩

水にオイルを垂らしたときにできる模様を、パターンにデザインしたオイルドロップ迷彩。アメーバ迷彩にちょっと近いんですが、さらに不規則な形を採用しているのが特徴ですね。

模様の大きさが不規則なため、その風合いを生かしてちょっとムラがあるようなデザインになってきます。

ファンゴカモフラカタログから全種類を紹介!

ファンゴカモフラカタログから全種類掲載してみました。なかなか見ごたえ十分でしたよね♪ ファンゴのカモフラカタログはさらにデザインサンプルが盛りだくさん!

ぜひ一度ダウンロードして自分の目で確かめてみてくださいね。(ボリュームたっぷりの容量なのでスマホの場合は、Wi-fi環境下での閲覧をおすすめします。)

迷彩ユニフォームサンプル集

これ以外にも「自分でデザインしたカモフラ柄があるんだぜ!」って方はぜひなんなりとお申し付けください! 納得いくまでカモフラ柄のカッコイイユニフォムを作りましょう♪

 

「さぁ、楽しい野球の始まりだ!」

→野球ユニフォーム オーダー製作の「ファンゴ」サイトトップ
→価格について
→お問い合わせはこちらから

他のブログ記事もチェック