ブログ ユニフォーム全般

2017/01/20

こんにちは、fungoです!

友人、仲間たちと草野球チームを結成された幹事さん(キャプテン)!まずは、チーム結成おめでとうございます!

そして、新しくユニフォームの新調を検討されているチームの幹事さん、こちらを閲覧頂きありがとうございます!

草野球チームの監督そして幹事さんはチームの中心的な役割を担うと共にチームのまとめ役となりいろいろなご苦労もあるかと思います。チームの決め事でいろいろな意見が出てなかなか一つにまとまらず、その調整役として気苦労もあるかと思います。

今回新しくチームユニフォームを作ろうと話が上がっている方々、ユニフォームの新調の話はチーム一丸盛り上がりますよね。新しいユニフォームを作る事はそれだけ楽しみなものです!そしてユニフォームが完成するまでの経緯を幹事さんが中心となって意見をまとめ、窓口となって頑張ってくれる事でしょう。そんな経緯の中いろいろな意見が出たり時には意見が割れてしまってご苦労があるかもしれません💦

ユニフォーム製作の幹事さんをサポート!

私たちユニフォーム製作のfungoはそんな幹事さんを応援しようと「草野球チーム幹事さん応援委員会」として応援しています!草野チームのユニフォームを作ろう!と話が盛り上がったその時から一緒に盛り上がらせて頂き、そしてチームメンバー意見をまとめていく幹事さんのお役に立てるようサポートして参ります!

 

ユニフォームの納期が決まる

練習は各々がそれぞれ自前の練習着であっても試合ではチームメンバー共通のユニフォームの着用が決まりとなっています。その為、新調するユニフォームは大体試合日に合わせてお披露目するのでそのタイミングに間に合うように製作納期が決まるケースが一般です。

ユニフォームを作るには一定期間がかかりますので逆算していつまでにはデザインを決定、他にも生地など細かい詳細を取りまとめないといけません。さぁ、時間との戦いです。幹事さんの奮闘記が始まります!

 野球ユニフォームの製作依頼でいろいろなチームの幹事さんからお問合せを聞かせて頂くケースがあり、いろいろなご苦労聞かせて頂いています。

その中でも何と言ってもチームメンバー全員の意見を一つにまとめる事が一番大変だと言う事でした。

 

メーカーの最終見積もり「あれ?金額が上がっている」

生地はこれでOK→デザインはこんな感じで→はい、最終見積もりは

「オプションがこれとこれとこれでハイっ、¥○○―です」  チーム「・・・・・」

当初入り口のコスト提示と最終デザインの見積もりとオプション代分コストアップしていました。

例えば他社のケースだとチーム名などが刺繍のユニフォームの場合、チーム名以外に背ネームや、袖の部分にデザインを追加していくと追加オプションとして加算されていきます。

たまにとにかく安い金額で¥○○~と激安表記の会社がありますが

デザインの段階ではいろいろな箇所にどんどんデザインが追加されていくと当然カッコよくなるので最終見積もりの段階でオプション価格が加算され当初の予定より高額になってしまう事があります。

 

 

 

 

予算はチーム全員が同じ考えではない。意見をまとめるにあたり一番デリケートな部分は「予算」です。人それぞれ価値観は違います。最終見積もりの際にテンションが上がっていろいろなオプションを付けてしまった為オプション代が含まれ最初見たコストをオーバーしてしまいました。そうなると、チーム内でいろいろな意見が出てきます。

「ここまで高いのは納得いかない!」

「俺、ここまでオプション付けなくていいよ」

「でも、デザインはみんな良いって言ったじゃないか!」

「じゃぁ、デザインをやり直しするのか?」

「デザインは皆納得したじゃないか!」

「今さらだと納期が間に合わない・・・」

こうなってしまうと意見が割れて言った言わないまでに発展・・・不穏な空気になってしまい兼ねません。心配ですね

まとめ役の幹事さんが一番苦労される場面ですね・・・

 

追加料金なし「ワンプライス」Fungoは幹事さんの味方です

そんな事にならないようにfungoのコスト設定は仕様が増えても一律コスト「ワンプライス」設定です!

はじめにチームからリクエストなどのヒアリングをさせて頂きデザインを提案させて頂きます。

「やっぱり、背ネームはつけたいな!」

「袖に刺繍を入れたい!」等々デザインはどんどんエスカレートしていきます。

最終デザインに満足頂いて幹事さんより「最終お見積もりは?」

Fungo「当初の提示通りの金額変わらずです」 Yes明朗会計!

刺繍の仕様と昇華プリントのコストは異なりますが提示コストは変動しない一律「ワンプライス」設定です。

これでしたら、あとから話が違うともめることは起きません。

尚且つ、fungoの価格設定は他社の一番安くしている初期設定と比べ決して引けを取らない金額です。

と言う事はデザインの追加があっても変わらないと言う事はとても安いと言う事です!自信をもってお勧めします!

ファンゴ刺繡価格表ファンゴ昇華価格表

着心地も生地感に至るまで悔いはさせません!

デザインを決めるまではこれから着る新しいユニフォームの楽しい思いばかりですが到着して袖を通した際に「思っていた感じとなんか違う」なんてメンバーの一部から声が上がってしまう事があるとせっかく走り回って頑張ってくれた幹事さんの努力が台無しです。

原因はサイズの違和感と生地の質感の思い違いだったりします。

サイズの表記は身体寸法で合って着る人の好みのフィット感は各々の好みがあると言う事です。サイズは絶対に試着をして確認して下さい!

→試着サンプルの記事はこちら

この試着をメンバーと共にする事でサイズの行き違いを防ぐと共に生地の種類をどれにするかなど、皆で同じものを見ながら意思疎通ができますのでユニフォーム到着後の行き違いが起きません!

ユニフォームの到着 想像通りの仕上がりでみんなも満足

そして、いよいよ楽しみにしていたユニフォームが到着です。

試着をしたのでフィッティングテストもバッチリOKです!思った通りの仕上がりでチームの皆も満足の事と思います。

 

 

 

 

 

 

 

チーム一丸 幹事さんも達成感

幹事さんはユニフォームが届くまでにいろいろなご苦労がありましたが届いたユニフォームを着て嬉しそうなメンバーの姿、そして「思った通りの出来上がりでサイコーだよ!」「カッコいいユニフォームをありがとう!」とメンバーから労いの言葉をかけられれば今までの苦労も吹き飛びますよね!

そして、いよいよ試合当日新調したユニフォームをビシッと着こなしてるあなたのチームは誇らしいほどカッコいいです!いよっ、幹事冥利に尽きますね