ブログ ユニフォーム全般

2017/04/20

最近のプロ野球ユニフォームは選手各自がパンツのスタイルを選んだりと同じチームユニフォームでも独自のスタイルで着こなしています。

パンツのスタイルが違うと同じチームのユニフォームなのにショートパンツは精悍なイメージだったりストレートパンツではダイナミックなイメージだったりパンツのスタイルが違うだけで随分ユニフォームのイメージが変わりますね。パンツの種類について

パンツに限らず最近のプロ野球ユニフォームを見ていると気になるところがあるんです。

なんか、袖が長い選手が選手が増えていませんか?気になって見ていると結構いました。

 

袖スタイルをオリジナルで作る

最近プロ野球選手のユニフォームに変化があるのをお気付きでしたか?

同じユニフォームのチーム内でも袖が長くゆったりしたスタイルを着ている選手が増えてきているのです。

中田翔選手のようなパワーヒッターに多く見られる袖が肘まであり袖口も広いスタイルです。

 

ダボダボ袖はスイングする姿がダイナミックに見える

このスタイルが取り入れられるようになったのはメージャーリーグの選手が好んで着ていたのを日本人選手が取り入れだしたようです。

 

その経緯で特にパワーヒッターの選手が好んでいるのかもしれません。

2017年のWBCでも筒香選手や松田選手などがこのフォルムのユニフォームを着用していましたね。

この長くダボッとした袖はユニフォームはプレーする姿、特に打席でのスイングした時に袖がひらひら~となびいてパワーヒッターの選手のプレーがよりダイナミックに見えます。

守備の姿よりも打席の姿がよりダイナミックでカッコよく映るスタイルと言って良いでしょう。

 

チーム内の選手によって違うユニフォームのフォルム

前述した通り、袖の長さやユニフォームのフォルムは同じチーム内で選手各々の好みで違いがあります。

 

新井選手は袖長スタイルが好み

新井選手は阪神時代から袖長スタイルを好んで着用していました。

右の選手は通常の半袖(4分丈)に対し、新井選手は6分丈のユニフォームですね。

広島カープに戻った新井選手の袖長スタイルは健在です。

 

ジャイアンツの選手も袖長スタイルを取り入れている

ジャイアンツの阿部選手や坂本選手も袖がないスタイルを好んで着用しています。

比べてみると右の選手と左の坂本選手の袖の長さはずいぶん違いますね。

 

袖長スタイルは近年の流行

この袖長ユニフォームは近年プロ野球のトップ選手たちが好んで着るようになり、野球ファンの中でもザワザワしだし「あのスタイルはカッコイイ」と言う声も多く上がってきました。

この6分丈袖のスタイルはクラシックスタイルのゆったりしたフォルムです。以前までは体型にフィットしたスリムタイプが主流でしたが近年またこのゆったりしたフォルムのユニフォームがじわじわと人気が出てきました。

 

投手はダボ袖着用選手は少ない

投手のダボ袖着用選手は少ないですね。投球で常に腕を売り上げる動作にはダボ付のひらひらが邪魔なんでしょうね。

比較的に袖が腕のフォルムにあったシルエットの選手が多いです。

 

しかし、まったくいないわけではありませんでした。ジャイアンツの菅野投手は袖長のスタイルを着用する時があります。

管野投手のユニフォーム姿は比較的ゆったりしたシルエットの印象があります。腕の振りはあまり気にならないんですね。

 

 

長ダボ袖のユニフォームを作りたい!【ファンゴはオリジナル対応できます】

お客さま
新規でチームユニフォームを作りたいのですが4番打者のユニフォームだけ流行りの袖ダボにしたいのですができますか?
ファンゴ
対応できます。
お客さま
ダボ袖は興味があったので是非チームの主力打線のメンバー分をダボ袖仕様で他のメンバーは通常袖にしたいです
ファンゴ
一般規格の袖は約4分丈位です。袖を長くするにあたって5分丈~6分丈とお好みのリクエストにお応えできますよ
ファンゴ
ファンゴではダボ袖の事を「ビッグスリーブタイプ」として対応しています。テンプレートも用意しています。

一般的な4分丈の袖ユニフォームのテンプレートです。

ダボ袖と呼ばれる「BIGスリーブ」のテンプレートです。

 

お好みで袖口を広くしでダボダボ感を強調するスタイル。袖は長くでも袖口はあまりダボダボ感にしたくないなど細かいリクエストにも対応できます。

「チームユニフォームは同じデザイン・同じ表記を統一しなければいけない」とルールになっています。

チームのメンバーはパワーヒッターもいれば投手そして野手と役割と共に個性があります。

4番打者の猛者はパワーヒッターらしいユニフォームがカッコイイし機敏な野手はスマートなスタイルの方がプレー姿がシュッとしてカッコいいと思います。投手も剛腕タイプはゆったりしたフォルムのユニフォーム姿から投げられる方が豪快なイメージがありますし技巧派の投手はやはりスマートなシルエットの方がイメージです。

このように、ユニフォームのシルエットは選手のイメージ作りに大きくかかわっています。

今回は袖のシルエットについて解説してきましたが、是非草野球のユニフォームでも選手のイメージに合ったシルエットのユニフォームを着る事をお勧めします!

カッコいいユニフォームを作ろうぜっ!