ブログ ユニフォーム全般

2019/05/10

2回に送ってお送りしているファンゴの少年野球チームのユニフォームの作り方、いよいよ後編!

長くなってしまいましたが、これも子供たちが野球でたくさんいい思い出を作ってもらうためです。あと少しお付き合いください。今回もファンゴ編集部戸松が気合をいれて解説していきますっ!

前回の記事はこちら! 
ファンゴ流 少年野球チームのユニフォームの作り方を見てみよう!前編

少年野球のチームユニフォームの作り方⑤ 背番号(ゼッケン)を作ろう!

背番号をあらかじめユニフォームにつけるタイプなら不要ですが、少年野球ではゼッケンを使うチームが一般的だと思います。

実はゼッケンについて、それぞれの連盟によってルールが若干違うところがありますので自チームが所属する連盟の規約を必ず確認してください。

それぞれリーグによって背番号が変わる上、キャプテンは10番固定の場合もあって統一されていないのが現状です。そのため自分のチームがどの団体に所属するのか、もしくは所属しているのかが実はとっても大切。監督は30番! と決まっていると思い込んでいましたが、実はリーグによっては違うところもあるようです。

新チームを作ってこれから団体に参加する、というチーム様は必ず背番号の規約を確認いただきますようお願いいたします。ファンゴで各団体の背番号などをお調べはしておりませんので、ご了承くださいませ。

少年野球のチームユニフォームの作り方⑥ パンツはどうする? オリジナルデザイン? 市販?

野球用パンツについてもオリジナリティを出していきたい!というお客様はパンツのサイドラインを入れたり、カラーパンツをチョイスしたりすることで、他チームとの差別化が図れます。

しかし連盟等の試合に出場するためには、チーム内で同一のユニフォームでなければいけません。それはパンツも同様です。白一色で統一するのならば、市販の野球用パンツで大丈夫でしょう。しかしサイドラインを入れたり、ストライプの生地を使う、色を変える、などする場合はこちらにご注文いただく方が生地の違いや色のズレが少なくなります。

またパンツの形も、今プロ野球などで流行しているロング丈のパンツは、団体によっては規約違反となるところもあります。色や生地、丈などで「オリジナリティ」を出したい場合、必ず団体に確認を取ってからお願いいたします。

少年野球のチームユニフォームの作り方⑦ ユニフォームのデザインを決めよう!

いよいよユニフォームデザインを決める段階です。

まず全体的なデザインの前に、基本的なポイントをおさらいしておきましょう。

胸に入れる文字やマークはどうする?

胸に入れる文字やマークは、チーム名を入れることとなっています。胸の文字はローマ字もしくは日本字でチーム名を入れる、チームのマークを入れてもいい、と軟式野球連盟規則には明記されています。これに準じている団体が多いはずですが、確認をお願いいたします。

左袖に都道府県を入れる?

連盟などに所属して大会に出場する予定のあるチームにとっては必要となる都道府県名。これは左袖に指定されていることが多く、漢字でもローマ字でもどちらでもよいとされているところがほとんどです。

また都道府県名以外のものをつけてはいけない、としている団体もあり、ワッペンや校章、シンボルマークなどを入れるチームは気を付けましょう。

右袖にワッペンを付ける?

左袖には都道府県名しか入れてはいけない団体もありますが、右袖には認められているケースも。チームのシンボルマークや校章などを入れるチームも見受けられます。ただこちらにも所属する団体の規則に従うようにしましょう。

ようやくユニフォームだ! デザインを決めよう!

ようやくデザインを決める段階に漕ぎつけました。ここでデザインは何でもいい、というわけにもいきません。それは各団体の規則があるからですよね。例えば社会人やプロ野球でよく見られる、パンツは白でシャツは青や赤、黒などにしているユニフォームデザイン。

これ実は高野連の規則により高校野球では使えません。高野連の規則に準じている団体ではもちろんNGになりますし、逆にこのようなデザインのユニフォームがOKな団体もあります。所属する団体の規則は必ずチェックしておきましょう。

そしてデザインですが、たとえばグラデーションや迷彩など全体的に柄が入るものはユニフォームの種類が限られてきます。例えばグラデーションで表現したデザインのユニフォームは「昇華」もしくは「覇王」のユニフォームしか選べません。「刺繍」タイプではグラデーションが表現できないからです。

所属する団体の規則と、デザインの大まかな候補が決まればデザイン案を固めていきましょう。

少年野球のチームユニフォームの作り方⑧ ユニフォームの種類を決めよう!

先ほど少し触れましたがここでユニフォームの種類を決めていきましょう。

「刺繍」「昇華」「覇王」の3種類があってそれぞれに特徴があります。

刺繍タイプとは

刺繍は胸のマークなどを刺繍で立体的に豪華に仕上げたユニフォームになります。

ファンゴは工場内で裁断や縫製、刺繍まで全ての作業を一貫しており、刺繍の仕上がりには絶対的な自信を持っています。また野球ユニフォームと言えば刺繍、と言われるくらい王道で硬派なユニフォームデザインは文句なしのかっこよさでしょう。

昇華タイプとは

昇華は生地そのものに模様を印刷していくようなイメージでデザインをしていきます。刺繍のように生地に糸を縫い付けないため、軽い着心地と動きやすさが特徴的です。

またどんなデザインでも対応可能なため、グラデーションや迷彩、はたまた写真なども入れられるのが刺繍との大きな違いになります。

そしてこの昇華が1枚当たりの単価が一番安くできます。

覇王タイプとは

覇王は昇華タイプのデザインをして、胸マークやワッペンなどに刺繍を施していきます。自由度の高いデザインと刺繍の立体感を合わせた、絢爛豪華な野球ユニフォームの頂点と呼ぶにふさわしいユニフォームです。

豪華で美しくスタイリッシュな見た目は、断トツの満足感を得られることでしょう。

しかし覇王の唯一の欠点は、ジュニア値段の設定がないことです。豪華な分、製作に工数が増えてしまうため覇王はジュニアも大人用もワンプライスです。

それぞれのユニフォームの解説記事は下記のリンクからどうぞ

刺繍ユニフォームの紹介記事はこちら

昇華ユニフォームの紹介記事はこちら

覇王ユニフォームの紹介記事はこちら

少年野球のチームユニフォームの作り方⑨ キャップはどうする?

少年野球とはいえ当然キャップも必要になります。

そのキャップはユニフォームシャツとデザインを合わせて通常作られます。しかしそこでもデザインやカラーなど決める箇所があります。

まずキャップに付けるロゴマークはどうするのか決めていきましょう。多くのチーム様がチーム名の頭文字をキャップに入れていますが、こだわりのデザインが入れたい!という方はオリジナルでも対応いたします(有料対応)。

また無料でツバや穴かがりのカラー、バックスタイル(ジャストタイプかアジャスターか)などもお選びいただけます。

少年野球のチームユニフォームの作り方⑩ シャツ + パンツ + キャップ ?

最後にシャツ、パンツ、キャップのどれを頼むのか決めましょう。新規のチームならばシャツ、キャップはご注文いただくことになると思いますが、パンツについては市販品で、というチーム様もいらっしゃいます。

またキャップは今まで使っていたもので、シャツだけ変えたいというチーム様もいます。それぞれ予算や考え方も違いますので、ファンゴが「どれがいい!」とは言えません。予算とユニフォームデザインなどと相談していただいて2点セットなのか3点セットなのか、はたまた単品なのか、お選びください。

大体のことが決まれば後はファンゴに問い合わせを!

大体のことが決まればファンゴにお問い合わせいただいて、ご希望のユニフォームデザインや着数、オプションなどをお伝えください。お客様からのイメージデザインをいただいて、ファンゴデザイナーがイメージデザインを作ってお客様に提出いたします。

そこで

お客さま
ちょっと違うな・・・もう少しこうしたいな

というご希望があれば修正してイメージデザイン画を再度確認いただけるようにしています(チームでご注文の場合は5回まで無料)。

その後の支払い方法やユニフォームの貸し出し、オーダーシートの記入などファンゴ担当者がご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせを。少年野球のユニフォームを作るのって想像以上に大変なんです。

それは全員の親御さんが集まって打ち合わせすることがまず不可能だからです。そのため後々トラブルにならないように、事前にしっかり話し合いをお願いしています。方針をある程度決めてからでないと、ユニフォームの製作が途中で頓挫してしまったケースも過去にあったからです。

少年野球のチーム関係者様は、ユニフォーム製作が非常に大変で苦労されている方が多いと思います。後々のトラブルを避けるためにも、事前にある程度の方針を決定してからご連絡をいただけると幸いです。

オーダーシートの記入方法はコチラ

有料オプションの解説ページはコチラ

よくある質問はコチラ

 

「さぁ、楽しい野球の始まりだ!」

 

少年野球チームの皆さん、ユニフォーム製作をしていただいた後の素敵な笑顔での集合写真、お待ちしてますよ~♪

他のブログ記事もチェック